新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本の学費は安いほうなので、短絡的に賛成はできない事案だと考えます。

大学がそんなに詐欺的な巻き上げをしているとは考えられず、費用と収入のバランスをとっているだけかと。

滑り止めを受けるという文化があるから、大学側もギリギリで断られても困ると一定の制約をかけているわけで、根本的な解決策は、4月一斉入学をやめるとかですかね?

企業も通年採用、大学なんていつ行ってもいつ休学してもいいようにも思うので、通年出たり入ったりでいい気もします。
そしたら、私も、また勉強しに行きたいなあ。
人気 Picker
せこい稼ぎ方で腹が立つのは同意だけど(僕も家は裕福でなく、大学入試は一つしか受けませんでした)、大学側の事情としては入学許可はタダじゃないとは思います。後で入学されなかったら欠員が出るリスクを抱えることになるので。入学者はある意味他の大学に入れなかったときのための保険を買ってるわけで、保険だってただじゃないでしょ。

とはいえ、だからといってこのままでいいというつもりは毛頭なくて、こういう問題は、理想的には「そもそもすべての大学が同時期に入学許可を出し、しかもすべての学生は一つの大学からしか合格が出ない」ような仕組みを作ることで解決できます。そんなことできるの?と思うかもしれませんが、研修医配属の仕組みで使っているような「マッチング制度」を使えば実現できます。

現状で日本の大学全体で一つの仕組みを作るのは夢物語と思われるかもしれませんが、諸外国では実際に使われています(僕がすぐ思い出せるだけでもトルコ、ハンガリー、インドの工科大学、チリ、中国、オーストラリア、etc.)。まずは比較的にすでに中央集権的なしくみを持っている、都道府県レベルの公立高校とかを中心に導入するのが良いのではないかと思っています。
結果が出揃ったところで決めたいというのは受験者の立場としてありますよね。とはいえ、選択権を買うという風に考えるのであれば、全額返金ではなく、一部返金という形もあり得るのではないでしょうか?

入学希望者とのやりとりや、次点の方に連絡をするなど、定員を調整するには事務的な経費もかかっているはずなので、選択肢を得るためという程度の適切な費用は負担するのが妥当かと個人的には思います。
もう20年以上前になりますが、私も行かなかった大学の入学金30万円を支払いました。他に行きたい大学があったのですが、その合格発表の前に、滑り止めだった大学の入学金納入期限が来てしまい。自信があれば払わず済むのかもしれませんが、母と相談して払おうと。

納入期限が伸びれば、出費を最低限に出来、選択肢が増えます。
おかしな慣習で是正されるべきです。
こんなせこい商法で学生から入学金巻き上げるようなことを教育機関がやっちゃダメです。
大学は、必要以上に「剰余金(利益)」が出ることを追求しない。
必要だと考えるコストをまかなうために入学金や授業料のお支払いをお願いしている。
入学(予約)金の収入が減れば、長期的には授業料があがるということになると思う。
この場合、学生の方々には、入学しない大学の入学(予約)金を支払うのをやめて、入った大学の授業料の値上げを選択していただくことになる。
その方が健全ではあるかもしれない。

*入学前に、入学金を納めていただくのは、入学者を確定させたいという事情もある。それがないと、複数大学に合格した人が、入学辞退しないで、そのままいくつもの大学の入学権利を留保した状態になり、入学式後に初めて入学者が確定する事態になる。
ならば、入学金を支払ってもらって、辞退した場合に、その一部を返金するのが合理的かもしれない。

*もちろん、授業料を保護者が払えない場合の補助は別途必要。
*国際的には、日本の授業料はむしろ安いというべきです。

「入学しない大学にも支払う必要があり、返還されないのは不当だと主張している。」
授業料は返還しなければならないが、入学金は返還しなくてもいいという判例がありましたね。

大学側にとって入学金は大きな収入源になってしまいました。

学費高騰と親世代の減収で受験生は厳しい状況です。

入学しない学生からはできるだけ入学金を取らない措置を講じるのが大人の責任だと思います。
高校受験でこれで親に迷惑かけた。

「入学金」なんだから、入学しなければ返却すべきだと思う。

「内定確保金」とか、適切な名前に変えたら良いのでは。
入学者の早期確定を急ぐ大学側と 受験生側の考え方 それぞれ事情があるなか、30万円は少ない金額ではない。
この方法が ベストなのかどうか 深く検証してはどうだろうか?
国がどのように動くか注目です。大学側からするとこれがなくなるとある程度ダメージはありそう。
ーー
入学しない大学にも支払う必要があり、返還されないのは不当だと主張している。6月ごろまで活動を続け、文部科学省や大学団体に提出する予定。