新着Pick
459Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ワクチン接種のことを、ワクチン摂取と書く人(場合によっては大メディア様までも)を結構な数で見かけますが(苦笑)、まさに口腔摂取可能なコロナウイルスに特化した治療薬がついに誕生。

追記:経口摂取が正しいですね。お恥ずかしい😅
追記2:笑 さすがにそれはわかってるつもりです。実はSNSでの個人的なやり取りで「接種 vs 摂取」のネタがあったタイミングでのこの記事だったのでおふざけでコメントしただけです。ありがとうございます😊
人気 Picker
ファイザーは、飲むタイプの錠剤の薬と注射薬の2種類を準備しています。これはコロナウイルスに特化したプロテアーゼ阻害薬と呼ばれるタイプの薬であり、ウイルスの複製を抑える効果が期待されます。

似たようなタイプの薬剤は、HIVや肝炎ウイルスに対して用いられており、有効性や安全性が確立されていること、少なくとも試験管の中での試験で、コロナウイルスの複製を抑えることに成功したことから、人を対象とした試験に進んでいます。

これまでのように、既存の薬を試してみるドラッグリポジショニングと異なり、コロナウイルスに焦点を当てて開発された薬剤であることから、期待値は高いですが、その有効性や安全性については、ワクチン同様臨床試験の結果を待つ必要があります。

あくまで臨床試験結果が公表され、第三者の検証が行われた時点で土俵に立てるので、それまでは「発売」などと言うことはできません。

「可能性」と伝達するのはたしかに正しいですが、そのような報道から短絡的に「有効な薬が開発された」と捉える人が多くいることにも意識的でなければいけません。

報道が先行すると、臨床試験結果に問題があり科学的な理由で適用とならない場合にも、アビガンなどで見られたのと同様に、世論を間違った方向に誘導してしまうリスクもあります。

あくまで市販できるかどうかの判断は、臨床試験結果に基づいたものでなければなりません。このため、臨床試験が完了していない現時点では「発売されるかどうかは分からない」ということになります。全く発売されない可能性もあります。

そして何より、予防に勝るものはなく、現時点ではワクチンの普及が最優先事項です。もしそこでワクチンの長期的安全性への懸念を議論するのでしたら、この薬も同様です。

しかし、治療薬開発も重要なピースですから、臨床試験結果を期待して待ちたいと思います。
ファイザー社が新型コロナ用の治療薬の臨床試験を開始しているとの企業発表です。広い区分で抗ウイルス薬(細胞を介したウイルス増殖を抑制する薬)に属します。

抗ウイルス薬の内、日本で抗コロナウイルス薬として使われている医薬品にはレムデシビル(ギリアドサイエンシス社)があります。この医薬品は、遺伝子の転写・複製を担うポリメラーゼの機能を阻害してウイルス増殖を抑制するという作用機序をもつ、「核酸アナログ製剤」に属します。

ファイザー社が開発中の医薬品は「プロテアーゼ阻害剤」とのことです。ウイルスが増えていく過程で、ウイルスの組み立てに必要な蛋白質を感染した細胞に作らせますが、まず大きな蛋白質分子として組み立てられたあと、いったん「その蛋白質分子」を切断させた後、断片分子からウイルスが再度組み立てられます。その過程での、「蛋白質の切断を阻害」します。この働きをもつ医薬品は、現在、抗エイズウイルス薬や抗肝炎ウイルス薬として使われていますが、この作用機序が効果的との基礎データが出ているのであれば、新型コロナウイルスは、エイズウイルスなどと増殖過程に類似する点が多いということが分かったということが推察されます。(他の企業は追随するでしょう)

従来の医薬品は、他の疾患(例えばレムデシビルの場合はエボラ出血熱)に使われている医薬品を、新型コロナ感染症の患者に使用してみて、効果があった場合に追加適応をとっているのに対し、新規に開発するものは、臨床試験の初期段階からスタートします。

初期段階では、安全性の確認を中心に臨床試験が行われるため相当に時間がかかり、通常の場合は、最初の臨床試験の開始(この記事にある医薬品と同じ「臨床第1相」)から発売まで、欧米で少なくとも5~7年というところが相場だと思います。また、一般的な成功確率も10%~20%程度だと思われます。しかし、この医薬品の場合、2021年末までに発売したいと企業が発言しており、驚異的にハイペースな開発スケジュールです。

なお、自宅で治療可能という見出しはオーバーすぎます。その通りかもわかりませんが、「内服薬なら一人で飲める」ということの意味しかありません。また、この医薬品は、作用機序的には「感染初期の方に効果的」と推察されます。
治療薬まででたら安心できそうですね!
それにしてもワクチンといい、ファイザー素晴らしいですね、株価もまたあがりそう
嬉しいニュースですが、「有効性」と「安全性」の確認に時間がかかるでしょうね。
日本での承認は更に1年ほどかかるようで、実に待ち遠しい。。
ワクチン接種と今回の治療薬の流通で、後年実はコロナはインフルエンザよりも致死率が低かったなぁという日がやって来ると思います、その時まで今はまだ我慢ですね。
コロナの薬には、とても期待しています。
実際に年内に発売されないかもしれませんが、こういうニュースが出てきたのは、朗報ですね。
世界的に収束させることを考えると、今、インドへの対応が重要なことを示しています。

(以下、記事中から引用)
「インドやアフリカのような致命的な流行に直面している国に解決策を提供できなければ、これらの国がウイルスの変異株を生み出すプールになってしまう」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
期待したいですね。どんなんでしょう?
日本で承認されるのは3年後とかになりそう。

業績