新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
クリエイターのコンテンツ強化に加え、稼げるようになる。
今までインスタグラマーになっても稼げるわけではないと言われていたが、稼げるようになりますね。
人気 Picker
クリエイターの囲い込みには収益化ツールはマスト。プラットフォーム間の競争が激化しますが、一方クリエイターとしては嬉しいことですよね。ますますクリエイターエコノミーが広がっていきますね。まさに個人の時代。
弊社のような小さな花の事業では、「Instagramで見た」お客さまが来店してきてくれたり、オンラインで購入してくれることがB to Cの売り上げを大きく占めている。オンラインストアは外部のものを利用しているが、Instagramで直接商品を販売できればより効率よくスムーズに購入体験を提供できそう。楽しみ。
クリエイターや個人で活動される方にとって、プラットフォームが物販の起点になることは歓迎されることですね。人気のインフルエンサーより、フォロワー数の少ないクリエイターに機会を提供することが目的とのことです。日本での展開が楽しみです。

"クリエイターがInstagramで直接商品を販売できるようにするためのオンラインショップや、推薦する商品の売り上げの一部を得られるようにするための手段を構築していることを明らかにした”
これは強力だなー! >インスタがクリエイターの収益化支援ツールを開発中。企業とクリエイターをマッチングするマーケットプレイスや、クリエイターがインスタ上で直接商品を販売できるオンラインショップや、推薦する商品の売り上げの一部を得られるようにするための手段を構築。
スマートフォン片手に普段は一般社員か、はたまた部長か、っていう人達が、勤務時間外や週末やおやすみを利用してフォトグラファーになったりライターになったり、イラストレーターになったり、ナレーターになったり、個人の潜在的な可能性や能力が様々なSNSやアプリケーションで開花させ、マネタイズ出来る、これはもうやるしかないでしょ。
YouTubeはこれまで、広告収入の共有を約束することでクリエイターを引きつけていたが、ショッピング機能の実装で販売手数料を受け取ったり、自分の商品を販売したりすることで更にクリエイターを引きつけることができる。
この点、Facebook/Instagramは広告収入の共有、販売手数料の共有を行っていなかったが、ここにきてクリエイターへの共有を開始。
ショップ化で計測できるようになればワークしますね。広告も伸びる。
決済に独自通貨も使ってくるでしょう。
インフルエンサーマッチングサービスはいくつもあったと思うけど、本元のプラットフォーム側でやられてしまうとどこも敵わないですね。。
クリエイターエコノミーの時代となり、もはやクリエイターはインフルエンサーではなく、スタートアップと同じ扱いをしなければいけないので、この流れは必然でしょう。
質の高いフォロワーをどれだけ作れるかに注力されている方々には、商(勝)機となるのかもしれませんね