新着Pick
911Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
近年のキャンプブームを追い風に、にわかに注目が高まっている「山林購入」というネオブーム。山林を扱う不動産会社「山林バンク」には、昨年、その前年の10倍もの問い合わせが寄せられたと言います。

このムーブメントを追ってきたジャーナリストの福﨑剛氏が注目したのは、山を「所有する」ことがもたらす、意外な「効能」の数々。単なるキャンプ需要にとどまらない山林購入の可能性をひもとき、ブームの奥にある「現代人の欲求」に迫ります。
人気 Picker
すでにコメントにもありますが、山の管理には覚悟と責任が必要です。
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20200914-00198207/
今回の記事だけでは、ちょっと不安になりました。
とは言え、このまま放置され荒れていくと治水、災害の面でも問題なので、なかなか難しい問題だと思っています。

少し変わりますが、山の整備という観点からは下記のような事例も知っておいてほしい。
https://newspicks.com/news/1585827/
5年前の記事ですが、環境が変わっているという感じがあまりしていません。
業に関しては、現在問題となっているウッドショックがどうなるかが気がかり。
https://newspicks.com/news/5803856/
私たちの業界では、すでに大きな問題となっています。
山のメンテナンスは大変です。家庭菜園ですら維持できない人が多い。そういう人に山の所有は向いていません。

山を販売する不動産会社は、メンテナンス代を含めて売るべきですね。山は大自然の別荘というコンセプトで。
とは言え、山は謎のブローカーが跋扈し、相場もあってないようなもの。実はめちゃくちゃふっかけられてるというのもよくある話です。
森林の材積量などをドローン使って解析して、価値相場の妥当性なども評価できたりしますので、もし購入希望の方いらっしゃったらお気軽にご連絡ください〜。
↓弊社の解析サービス
https://www.hyakumori.com/service/

---
追記
解析価格は若干値上がりしてるので、ご興味ある方個別に問い合わせください!
山林を所有する、というのが憧れ的に語られるのは分からんでもないですが、実際はなかなか大変です。
・記事中にあるように、境界線が不確定なところも多く、潜在的トラブルを抱える
・下草狩りや間伐、一定期間ごとの伐採や植林など、山林を健康に維持するのは大変。費用がかかるし、そもそも作業の引き受け手も少ない。
・そもそも、ちゃんと山道を整備していないところも多く、間伐などが一層困難なところもある。
・台風などで土砂崩れを起こすこともあり、復旧費用などかかることもある

ざっと思い出すだけでもこんな感じです。
これらを無視して放置するような所有者が増加すると、日本の山林はさらに荒廃します。
山林の健康を考えれば、本当は、責任感ある大規模資本が広大な山林を所有して、計画的に間伐や伐採、植林を行なっていった方が良いです。
ただ、日本は狭い面積で傾斜のキツイ山林を数多くの個人が所有し、大規模資本が所有している経済的に成り立ちうる山林はごくわずかというのが実情です。
日本の山林のうち6割が民有林ですが、放置されずに適切にお手入れがされれば、自然のダム効果やCO2吸収の面など、環境面で幅広くメリットがあります。放置されないアクティブな山林を増やすことは日本の課題です。

一方で、自己充足の目的が増えているということは、山林所有がファッション化しているとも言えそうですが、実際の維持管理が甘くないことは、容易に想像がつくはずです。

所有者がいても放置されるという状態を回避するため、望ましい山林マネジメントを売主から買主へ事前にしっかりと伝え、覚悟を試すような仕組みが必要でしょうし、お手入れのために連携可能な信用できる事業者の紹介などの情報化、プラットフォーム化も求められるでしょう。
先日、ガイアの夜明けでも山の売買の特集がありましたね
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2021/023393.html
買う人の動機が色々紹介されていて面白かったですが、
・日本産木材が注目されている中で山林に売れる木が生えている場合
・送電の鉄塔があり、用地使用料が入ってくる場合
というような経済的なものから、この記事にあるように自分のレジャー用や、果てはチェーンソーのトレーニング用にという用途もあり面白かったです
今後はドローンの通り道なども収入になる可能性がありますね
一方で、子供に相続させたくない、管理が大変なのでタダでも売りたい人が多いというとのことで、「保有すること」自体にコストはあるということだし、誰かに売れなければ子孫代々相続しないといけなくなるリスクも考えた上で買う必要はあると思います
先日買うのではなく「山を売る」書類にサインをしました。

田舎の相続の関係ですが、手入れ、山を育て、防犯など可能なら、魅力的ですね。
林業や「木」もホットワードです。
さすがに山は買わないけど、密じゃない一人になれる自然環境を手に入れたいという欲求は理解できる。

周りにも移住やセカンドハウス含め、住む場所を散らしている事例が増えてきている気はする。
『山を買う』、読んでみます。
山は買わないと思うけど笑
経済的なリターンで、モノを考えていてはたどり着かない場所。
人間は「合理的」ではなく、愛しい。
持ってみたものの、手放すことになる人が、一旦は続出するでしょうね。
別荘以上に行かなくなるし、間伐や草刈り等整備のもの凄いハードさや、虫や木の病気の害、獣害、土砂崩れや水害対応など、長期的に見ると、とても個人ではやり切れないのでは。
しかし、その中から、上手に経営した事例とか、個人所有者向けの管理請負の会社とかが生まれて、次のステップが見えてくるのでしょうかね。
課題は書きましたが、山に興味を持つ人が増えたという流れを、育ててほしいと願っています。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。