新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
逮捕にはなったが、裁判でも紆余曲折がありそう。状況証拠だけではなく、客観的な物的証拠が出てきたものと信じたい
人気 Picker
いまオモテに出ている情報は「状況証拠」だけです。

【動画】TBS_NEWS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4255885.html?from_newsapl

・野崎さんが覚醒剤を摂取させられたとみられる時間帯には須藤容疑者しか自宅にいなかった
・事件前にインターネットで覚醒剤について調べていたことなどがわかった

このほか、容疑者と覚醒剤を直接結び付ける証拠があるはずです。当然、容疑者の覚醒剤使用状況や獲得ルートを洗っているはずですが、別の覚醒剤事件から遡って容疑者にたどり着いた可能性もあります。使われたクスリが覚醒剤であることから、密売元から浮上していることも考えられます。

【追記】
和歌山県警の記者会見があり、逮捕容疑は「殺人」と「覚醒剤取締法違反」です。後者の部分は「使用」と述べていましたので、容疑者が覚醒剤を使って殺害したとの疑いです。また覚醒剤は「容疑者が入手したとみて捜査中」とのこと。今後、この点の証拠、裏付けがどこまで積み上げあられ、立証できるのか…が、ポイントだと思います。
須藤容疑者が犯人であるというストーリーに沿った状況証拠ばかりが並べられています。

ここで決して間違ってはいけないことは、「須藤容疑者の他に犯人がいる確率が極めて低い」ことを検察が立証するのではなく、「須藤容疑者が犯人であることに合理的疑いを挟む余地がない」ことを立証しなければならないということです。

毒物カレー事件の時もそうでしたが、「被告人の他に容疑者がいる確率がほとんどない」ということを立証しても、被告人を有罪にすることはできません。

本件で言えば、須藤容疑者でない第三者が被害者に覚醒剤を飲ませることは十分可能だったでしょう。
それが可能であった人間が何十人、何百人もいるかもしれません。
(あくまで可能性として)

刑訴法では、「被告人が犯人であることにつき合理的疑いを挟む余地がない」程度まで、検察官が立証する必要があります。

「他に犯人はいないだろう」という立証で、被告人を有罪にすることはできないのです。

以上が、「検察官の誤謬」という理論で、間違っても誤謬に陥らないようにしてくださいね。

その前提として、長期間の身柄拘束で強引な自白を取らないことが肝要ですが…。
これは迷宮入りかと思っていました。捜査の立場から言うと、刑事たちの執念が結実したと言えますし、弁護士の立場から言うと、突っ込みどころがいくつもある事件だと思います。ロス疑惑などもそうでしたが、「容疑者は彼(彼女)しかいない」という状況と法廷での有罪立証とはまったく別の問題です。それを百も承知の捜査当局が今動いたからには新しい証拠が見つかった可能性もあります。同時に決定的な証拠ではなく小さな証拠の積み重ねということもあります。和歌山県警は極め付きの難事件、毒入りカレー事件を解決した実績があります。初公判でどんな立証を試みるのか注目されます。
有名ホストのエースだったようですが、金の切れ目なのかホストも引退されましたね。
これは公判聞きに行きたい
- SNSを通じて覚醒剤を入手
- 死因は急性覚醒剤中毒

ここまでわかったということね。
出演したというAVが動画サイトで一位になったらしいですね。
まあ、まだ容疑者の段階ですから。
ドン・ファンを恨んでいた人物が他にいる可能性もありますし。