新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コミュニティに寄ってカルチャーは様々ですよね。

私の周りには、誰が誰を好きかなんて、どうでも良すぎて話題にもならないくらい、普通にパートナーを持っている人がいくらでもいます。それに、仕事していること自体においては、性別はさして問題にもならないかと。

女性が男性を好き、男性が女性を好きと思うのが普通だと思っているコミュニティでは不思議ではあるのでしょうが、そんなにマイノリティか?というくらいに時代は進んでいるようにも思います。

大事なのは、誰が何を思っていようとその人の自由なので、他の価値観もあるのだと認識し、理解できなくとも否定せずになんとかうまくやることだと考えています。
人気 Picker
「同性愛を隠し続けた時期もあるが、自分を受け入れてくれる人に出会えて、本当の私を出したい、知ってもらいたいと思うようになった。男子でも女子でも、今度は私が悩んでいるアスリートのスイッチになりたい」

ラグビー(15人制)女子日本代表の村上愛梨が、女性のパートナーがいることをカミングアウトしました。多くの人が勇気をもらったと思います。

スポーツは、LGBTQにとってのFinal Frontierと言われています。男性・女性に分かれる競技が多いこと、パワーやスピードを競う比重も大きくMasculinity(男性の特質)が評価されがちであることなどにより、LGBTQへの差別・偏見・ハラスメントが根強く残っています。

いじめ、からかい、噂、アウティングなど、当たり前のカルチャーとして存在していて、加害者側に全く罪の意識がないことが殆どで、指導者も放置するだけでなく、自ら加担したり、助長したりすることも多い現状です。

日本ラグビーフットボール協会理事の谷口真由美が、研修でかけた言葉が素晴らしい。

「あなたがいてくれるだけでいい」

「身近に性的少数者がいると自覚できたことはラグビー界にとって幸運なこと。性的少数者が安心してカミングアウトできる環境を作るため、学びの機会にしていきたい。カミングアウトされた時にどうしたらいいか迷う人が少なくないので、本人だけでなく所属チームも模範を作っていって欲しい」

ひとりひとりの意識はもちろん、スポーツ界が組織として取り組むことが急務だと思っています。
まだまだ勇気がいるタイミングだろうし、素晴らしいと思います。カミングアウトするのが普通の世の中になるまで時間はかかるでしょうが、どんどん受け入れる価値観が拡大はしてきているとは思う。
素晴らしいです