新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
副業人材が渋谷区の新規事業を推進していくフットワークの軽さと拡張可能性が、既存の行政・公的機関の進め方と異なり非常に斬新な取り組みだと感じます。

今まで行政や公的機関が何かの事業を外部に任せる場合は、任せたい業者をほぼ決めている形で入札方式をとり、ある程度の予算と既に決めた枠組みが固定された中で、その通りに実行してくれる業者を選ぶという「ウォーターフォール型」が主なやり方だったかと思います。
対して渋谷区は、個人に、しかも副業という形での関わりを認めるという非常に柔軟な体制で事業を推進しようとしているとのこと。

渋谷区のような取り組みで、今までは行政に関わる機会がなかった素晴らしいポテンシャルがある人たちが参画しはじめ、新たな価値創造が生まれていくと素晴らしいですね!
人気 Picker
渋谷区って役所の既成概念に囚われることなく、いろんなチャレンジしてますね。
ハッキリ言って、目的を遂行するためなら、それが区の職員だろうが、住民だろうが、観光客だろうが関係ないですもんね。
「副業」ていう言葉自体はあんまり好きじゃないけど、フレキシブルな取り組み自体には、とても共感します。

広島県も渋谷区と提携してるのですが、このスピード感を地方でもガンガンに進めていけば、面白いことが起こりそうです。
この春から渋谷区民になりましたが、行政サービスという意味で渋谷区は色々と進んでいる印象です。スタートアップ中心にIT関連企業も非常に多いですし、行政にはないデジタル中心の知見を副業という形で行政に還元するというのは非常に有効かつ興味深い取り組みだと思います。

自分が働いている・住んでいる地域に対して何かしら還元したいと思うのは自然な考えですし、それを副業というライトな形で実現できるのであれば気軽にちょっとやってみよう、と考える方も多いのではないでしょうか。

行政区のなかではかなり先進的であるのは間違いないので、モデルケースとしてどんどん成功事例を作り、他の地域にも拡大していって欲しいです。個人的にもいずれ何かしらの形で関わってみたいと思います。
民間と役所間の人材の行き来が流動的になるのは素晴らしい動きですね。特にデジタル人材は「副業」でなく「兼業」として複数の場でプロフェッショナルなパフォーマンスが可能だと思います。世界のスタートアップが渋谷に集まりたくなる、そんな街に変貌していくことを楽しみにしています!
渋谷区の実行力は23区の中でも抜きん出ていますね。昨年も全国に先駆けて区立小中学校に「Microsoft Surface Go2」を導入しています。かたや、(何処とは言いませんが)他の区では、未だに生徒たちに端末が行き渡っていません。正確に言えば1人1台分はあるものの、その仕様は同じ学校の中でもバラバラで、しかも重くて古い端末。子どもたちが使えるようなセットアップもできていないのです。ICT推進を担当する先生方も気の毒です。

各自治体は、やる気のある中堅や若手を渋谷区に派遣して、これからの行政の在り方を学んだら良いのではないでしょうか。
こういうの、非常に良い取り組みと思います
公的なことに関わりたいが、転職するのは、という人は少なくないと思いますし、結果的に本人の幅も広がりそう
問題はそれをきちんと活かす側の受け入れ体制ですが、記事のような方がきちんと設計してやっているのはとても良いと思いますし、その裏には元博報堂で40代のの長谷部区長の存在が大きいように感じます
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kusei/kutyo/index.html
23区の中でもダントツで思い立ったら行動するマインドが見受けられる渋谷。異端で目立つことを良しとする文化が行政でも存在するのはその土地柄ゆえだろうか。枠組み、仕組み、制約など枚挙にいとまがない行政はデジタルという概念から一番遅れるのは必然。しかし、こういう人材の化学反応によってモデルケースが生まれると変化も早い気がする。業務効率という点で体感値まで変化し始めた港区あたりが追随してくれることを期待したい。

優秀な人材が仕事の面白さを判断軸に加担するようになれば、それを許容する姿勢さえあれば失敗を繰り返して最後には大きなリードを確立していることだろう。
現在東京都北区民ですし、出身は相模原市です。恐らくこの二つから何か手伝って欲しい、協力して欲しい、と言われれば間違いなく協力します。報酬は二の次です。
でも、「手伝わせてやってもいいぞ」みたいな雰囲気で来たら断ります。高い報酬を提示されても断るでしょう。やりがいってそういうものです。
渋谷にはたくさん高度人材がいるでしょう。使わない手はない
渋谷区が初めて“副業人材”として、コミュニティマネージャー、スタートアップ招へい施策推進、海外プロモート支援、実証実験の推進といった業務を行う11人を採用したそうです。
先進的な行政としていつも新しい取り組みを検討されていて渋谷区の企業人としては頼もしいですね。負けじと色々チャレンジしていこうと素直に思います。
渋谷区民ではないですが、渋谷区の行政サービスの水準やこういった取り組みについて、地域に共感して引っ越したいと思えるほどです。まちの魅力は駅単位で語られることが多いですが、区単位でそう思わせられるのは渋谷区の努力がありますね。(ステータス的に港区に住みたいなんかはありますが。)
東急株式会社(とうきゅう、英語: TOKYU CORPORATION)は、東急グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
9,748 億円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.09 兆円

業績