新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本で承認されているワクチンはファイザー製のみです。アストラゼネカ社製も早ければ5月下旬に承認される見込みであることを大臣が話しています。医薬品の承認審査に関し、意図的な情報リークならば問題でしょう。医薬品の承認に政治判断が入ることはあるでしょう。しかしながら、「承認ありき」の姿勢が、第三者委員会である(有識者による)薬事審議会に圧力として伝わることは良いとは思えません。副反応が見られた時の対応にも同種の問題が潜みます。審議会の意見を変えて政治判断とするなら構いませんが。

モデルナ製(mRNAワクチン)
武田薬品が臨床試験と承認申請を行っています。2021年3月5日の企業発表で承認申請がされたことは発表されていましたが、「1月21日に、国内での臨床試験(成人被験者200例を対象)で、最初の被験者に治験薬の投与を行った」との発表もされていました。ファイザー製は、初回接種2カ月後の評価を行っていましたが、モデルナ社製では早く臨床試験を始めた接種者で当時1か月強でした。「日本のデータはあとで提出するけど、まずは開発国のデータで審査してね」という意味でしょう。ファイザー社製、アストラゼネカ社製は「日本での臨床試験実施後の申請」でしたので、審査手順が異なっています。厚生労働省の要請なのか、企業のお願いなのかわかりませんが、日本での臨床試験データがない状態で医薬品の承認審査を開始した前例はないと思われ、その点で注目していました。2020年10月29日の企業発表で、21年前半より5,000万回分を輸入すると報道されていました。

アストラゼネカ製(ウイルスベクターワクチン)
2021年2月5日、製造販売承認を厚生労働省に申請したと発表していました。先行するファイザー社のワクチンは、2020年12月18日に厚生労働省に申請され、2021年2月14日に承認されています。仮に同じ期間を要するとして、4月上旬頃の承認が予想されていましたが、いまだ未承認です(その後の副反応の事情からみて想定内です)。当初の2500万回分は輸入に頼り、9000万回分の生産は、兵庫県に本社を置くJCRファーマで生産準備が進められているとの報道でした。

アストラゼネカ製はどこに行くのでしょうか? この報道には、疑問点と情報不足が伴っており、これだけでは信頼性が高いとは思えません。
株主として嬉しいニュースだけど、コロナ接種で先行する米国・英国のデータから見ても、とてもリーズナブルな判断。シンガポール含めて在外邦人だけで何万人もこのワクチン受けてて、国内の数百人の治験のためにこれ以上承認までの時間を伸ばす事は科学的に無意味
アストラゼネカ製のワクチンは、たとえ10万分の1以下の確率とはいえ、血栓症による死者を出してしまう。それでも新型コロナによって死ぬ確率より低いと判断すれば、打った方がよいということになる。ただし、深刻な感染状況のフランスでさえ、アストラゼネカ製なら打たないという人が非常に多く、在庫の山になりつつある。
だったらその前にモデルナワクチン●月にも承認へ、がニュースなのでわ....
手続きすっ飛ばした書き方なのはなぜ。
株式会社テレビ東京ホールディングス(テレビとうきょうホールディングス、TV TOKYO Holdings Corporation)は、2010年10月1日に設立された認定放送持株会社。 ウィキペディア
時価総額
593 億円

業績