新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Language is very powerful. Language does not describe reality. Language creates the reality that it describes. - Desmond Tutu
「言葉はとてもパワフルだ。言葉は現実を表すのではない。言葉が現実を創り出す。」デスモンド・ツツ(南アフリカの人権活動家)

なぜこのようにインクルーシブな言葉を使うのかという説明として、IBMのGitHubサイトで上記の言葉が書かれていました。

人種的多様性がない日本人にとってあまり馴染みがないとは言え、私たちも何か日本の文化や歴史の一部だと思うことを、海外の人が違う意味で使うと、嫌悪感を持つことがあると思います。(kamikazeなんとかという表現とか、◯◯Hiroshima とか)

ある言葉を使うことで一部の人にとって特別な感情を想起する場合は、その言葉を「無意識」に(ひどい場合は意識的に)使うのは人を傷つけてしまう一方、その行為があまりにも一般的に行われていると傷ついている人が声をあげるのはとても難しいかと。
その意味でIBMが率先して、人を傷つける可能性がある言葉を置き換えると自ら宣言したのは素晴らしい取り組みかと思いました。
人気 Picker
Inclusion大事ですね!
例えばWhite listとblack listをallow listとdeny listに変えていくような動き、個人的にとても良いと思います!
ただ一気に沢山買えると大変かもしれないです笑
どれもmasterとくっつけるとコワイ

「slaveの代わりに「worker」「child」「helper」といった用語に置き替えるよう促している。」
全く本質的な話じゃないですよね
マスター、スレーブは懐かしさしかないが、MM(man month=人月)は未だによく使うので注意したい。