新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
4月22日、国際オリンピック委員会(IOC)はeスポーツイベント「Olympic Virtual Series (オリンピック・ヴァーチャル・シリーズ、以下OVS)」を正式発表

発表された連携団体とゲーム名は下記

世界野球ソフトボール連盟(略称・WBSC、本部・ スイス)

――『eBaseball パワフルプロ野球2020』(コナミ)

国際自転車競技連合(略称・UCI、本部・ スイス)

――『Zwift』(Zwift Inc.)

国際ボート連盟(略称・World Rowing、本部・ スイス)

――オープンフォーマット(*ソフトウェアの種類はオープン)

ワールドセーリング(略称・WS、本部・英国)

――『Virtual Regatta』『Virtual Regatta SAS』(Virtual Regatta)

国際自動車連盟(略称・FIA、本部・フランス)

―― 『グランツーリスモ』(ポリフォニー・デジタル)
eスポーツそのものはとても面白い市場だし、確実に大きくなるはず。一方で記事にある通り、競技となるゲームが民間企業製なのは利権が偏るので良くないだろうなとは思う。オリンピックには向いてないと思うが、IOCとしてはこのマーケットがどうしても欲しいということだろう。そういう意味ではこのバーチャルシリーズはかなり泥臭い話。