新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンプルに数字を示してくれる記事は貴重。

総じて言えば、従来の水準からは比較にならないが、昨年之今ごろと比べれば、関係者の努力と、感染症に関する知見の積み重ねによって着実に稼働は戻ってきている。

航空業界には確実に未来があると受け止めたい。
国際線の利用数が前年比で大きく伸びているのにはびっくりしました。
ビジネス関係の利用なのでしょうけれども、陰性証明書があれば渡航ができるようになったから?でしょうか?
国内線前々年比41.2% 国際線4.2%
席数以上に利益率が高い便高いクラスを想像してしまう数字。
去年に比べたら幾分かマシになったという結果でよかった。まだまだ大変ですけどね。一方で普段のビジネス利用はリモートワーク増加でこれからも減るかもしれないので、減った数で経営が成り立つような工夫は求められるのだろうなと。
海外ではシビアにリストラしています。五輪のための雇用維持していますが、その必要性もないのかもしれません。再度の税金も使うことになるよりも、M&Aなど早めの対策が必要かもしれません。
去年にくらべてだいぶ回復してるように見えますね。ワクチン接種がもっと加速すればもっと改善できただろうに。
まだまだAIRは辛いなー。
私的整理、民事再生、選択肢は色々とある。
なお、コロナが明けても国境を超えた移動に一定の制限をかけようという議論があり、国際的な旅客需要は簡単には戻らないかもしれない。つくづく封じ込めて国内でトラベルバブルを起こすべきだった。

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.31 兆円

業績