新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界が急速な脱炭素化に舵を切った。この記事にあるように日本でも(1)政府によるインフラ整備、(2)政府による技術支援、(3)排出削減への取り組みが遅れる業界再編の3つを大胆に進めるとき。既得権益にこだわっているときではない。
GMはドランプさんの言うことをあまり聞かずに、早めに電動化に舵を切ってましたね。
日本勢ではホンダがGMと組んで、2040年にはハイブリッドも止めてEVとFCVだけを生産すると先日発表しました。

自動車で気になるのは「合成燃料」がどうなるかです。
二酸化炭素と水素からつくるこの燃料は、現状のガソリン車でも使えて、(燃焼時に二酸化炭素を排出しますが)トータルでの排出量はゼロになります。
現状では2050年頃を目標に実用化しようとしているようです。

ただし、2050年となるとEVが世界中に普及しているでしょうから、それをどう考えるかです。
技術開発とコスト負担を考えれば、やはりまとまらざるを得ないのは明らかです。年間販売台数300万台程度以下の自動車メーカーは組むことと自社のアイデンティティを保つ狭間で悩んでいます。