新着Pick
540Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「2020年12月時点で、中国バイドウの自動運転タクシーは21万人超の人が利用している!」

中国BATの1社であるバイドウ(百度)。「中国のグーグル」とも称されるバイドウは、検索・自動運転・AIの中国でのトップ企業です。

CES2018でバイドウの自動運転プラットフォーム、アポロ計画を知り、その詳細を『2022年の次世代自動車産業』で解説しました。

CES2019では同計画の進捗状況として「自動運転ミニバスを2018年の段階で中国21ヵ所で運行させている」との発表を目の当たりにして脅威に思い、同年3月には北京で自分自身も試乗、それらの内容を『GAFA×BATH』で解説しました。

そして、コロナ禍の昨年、Baidu World 2020において、「北京等の都市で自動運転タクシーを走らせ既に21万人超が利用」との発表に驚き、今回の取材及び記事配信となりました。

取材した相手であるバイドウの日本法人であるバイドウジャパン代表の張成煥社長は、同時に海外部門を統括する総責任者の役割を兼務しています。

米中新冷戦で世界が分断されつつあるなか、グレーターチャイナ側における自動運転やAIの最新動向を刮目して見ていただければ幸いです。
中国は色々日本より進んでいたのでコロナ前は、月1出張でだいぶ刺激を受けてました。
UberぽいものやPayPayぽいものが日本よりだいぶ前に生活に組み込まれていましたね。

早く行きたい…
AIと5Gでレベル4を実現。テクノロジーもインフラもビジネスも、中国でできあがってから日本に入ってくる。展望ではなく、事実として。
グーグル、というかアルファベット傘下のウェイモの自動運転技術は、実質的には人間の運転を凌駕する安全性を手にしています。

https://wired.jp/2021/02/22/this-arizona-college-student-has-taken-over-60-driverless-waymo-rides/

10年の走行で1回の事故程度の頻度
事故の大半は軽微か相手に過失(停車中の車に相手がぶつかってきたのも含まれる)

商用化されていないのは、個人の人権を尊重する社会では、ひとたび事故を起こせば、規制論が巻き起こることを危惧しているからだと思います。

この点、コロナ対策でもわかるように、個人の権利を制限しやすい土壌のある中国は有利な状況なのだと感じます。
人工知能は、中核的な理論にそれほど違いはないため、性能差は学習データの量と質、計算速度、センサーの質などで決まります。

起こりえるケースが無限大にある個人所有の自動車と比べ、地域と利用状況が限定されたタクシーならば、かなりの安全性が見込めるので、実際に開業しながら、さらにデータを増やしていく、というのは有効な戦略だと思います。
日本もそうして欲しい、とまではなかなか言えませんが。

レベル4の自動運転は、技術的にはすぐそこまで来ているんですね。

レベル4と5の間にはかなりの差異があるので、個人が完全自動運転車を所有する時代はまだ遠いですが、カーシェアやライドシェアの時代は意外と早く来るかもしれません。
大きなゲームチェンジが起こりそうです。
自動車は、今までは「ハード」のみでしたが、今ではパソコンのように「ハード」と「ソフト」融合になっており、「ソフト」の比重が飛躍的に高まっています。

日本が新しい分野で遅れをとるのは、規制緩和が進まず行政の縦割りが解消されていないなどの理由があります。
(役所でいまだにファクスが使われているのがその典型でしょう)

ワクチン接種も先進国の中ではダントツに遅れています。

今の日本の国家機関が制度疲労を起こしている証左のひとつです。
国家もそれを、強烈に後押しするからね
え、、という衝撃を隠せない記事と事実。5Gが張り巡らされているというのも驚きです。これは周回遅れでは済まないですね。まずは中国で実現していることのトレースから始めるとして、新たなイノベーションに期待せざるを得ませんね。
日本市場は世界屈指の特異マーケットで参入障壁は非常に高いのはグローバルプレイヤーにとって周知の事実です。規制、既存プレイヤーと政治家のパイプ、このfactorに対しては兎に角目を見張るものがあります。

日本のマーケットで戦う限り、日本のタクシー業界はこの手のテクノロジーに淘汰されるリスクは無く、寧ろ自分たちのペースで無人タクシー等導入していくのだろうと見ております。

逆に言うと,この分野で日本の技術が世界を席巻する事も無いと言うのが寂しいところです。
Baiduの自動運転タクシーはすばらしい完成度。一度乗ってみるとわかるけど、これなら運転席に乗って監視してる人はいらないなと思うくらい滑らかな運転をする。5Gを使い倒せる企業が未来を制すると思います。
「これまでに培ってきたバックエンドのAI技術である「百度大脳」と「クラウド」コンピューティングをベースに、フロントエンドのAI技術として自動運転プラットフォームの「Apollo」と、音声AIシステムの「DuerOS」に力を注いできた」

一方日本のヤフーは検索エンジン技術は全て米グーグルからライセンシングを受けているのでAI技術は育っていません。グーグルも検索で培ったAIで囲碁の世界チャンピオンを倒したり、Waymoで自動運転を攻めています。残念ながら日本が完全にITの大波に乗り遅れている一例です。