新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
博士課程修了が近い学生が,本田技術研究所の中途採用のサイトに「宇宙輸送」の分野を見つけていた.「何だろうね」と話していた.
また,文科省の「革新的将来宇宙輸送システム実現に向けたロードマップ検討会」に小川厚(本田技術研究所 執行役員兼先進技術研究所所長)氏が委員として参加し,
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/024/meibo/mext_00623.html
「環境安全領域においてのHondaが想定する将来社会像と宇宙利用の可能性について」
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/024/siryo/mext_00002.html
という話題提供がありました.ただ,資料が非公開で詳細が分からないのですが,カーボンフリー,それに対して宇宙へ向けた活動,産業への期待という内容だったとのこと.それは昨日の社長の発表に通じる話でしたのですが...
やはりそうだったか,という感想.
ビジネスジェットに加え,電動航空機,空飛ぶクルマなども自社内で研究するなど手広いですね.EV化と同時に内燃機関の技術はロケットに向かうのでしょうか.
今なぜ宇宙事業なのか、という私が書いたレポート(無料)がちょうど今日公開されましたので、この分野にご興味の方はこちらもご参照ください。(ホンダの話はもちろんはいっていませんが。)
https://rp.kddi-research.jp/article/RA2021009
日本の宇宙ビジネスの特徴はスタートアップ企業はもちろん多種多様な大手企業が参入していることです。これまでに宇宙ビジネスには100近い組織が投資をしていますが、その半数は大手企業です。航空、通信、商社、自動車、電機・・・・より多くの企業の方々に参入していただきたいです!ちなみにスタートアップ企業は54社います。
ホンダは通常の車に加えて、インディ500やレッドブルと組んでF1にも参戦しており、ましてやホンダジェットの成功も合わせると宇宙への進出は自然な気もします。

今後どの分野でも長期的なシェアや再利用がビジネスの中心となる今、日本の信頼できる品質が間違いなく世界にとって必要になる時代だと思います。
キヤノン電子がスペースワンをやり、ホンダも小型ロケットに参入するというのか…。コスト削減のノウハウとはいえ、大量生産品の車と少量生産のロケットでは勝手が違う気がする。市場の大きさも…。
おおおおおお!!!!!!これは期待!!!!詳細は全く不明なので続報を待ちましょう。
昨日の社長就任会見後の以下のテレビ東京単独インタビュー記事の内容ですよね、きっと。

◉独自】ホンダ・三部社長 小型ロケット開発を明かす
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa03e3e55f1c4cfe7fb700751119373bb07787bf
会見後、三部社長はテレビ東京の単独インタビューで「ロケットは将来のひとつのモビリティに過ぎない。可能性は十分あるということで研究は数年前から始めている」と述べ、数年前から宇宙ロケットの研究開発を進めていることを明らかにした。
=======

「当たり前のことは期待されていない」「独創性」「本質を考え抜いた末にたどり着く価値」等、就任インタビューで示されたことは、創業者の本田宗一郎様から受け継いでいるホンダの素晴らしさであり、F1ハイブリッド式パワーユニットや航空機の技術発展含め、何が産み出されるかわからないワクワク感が満載ですね。
すごい、、、飛行機の次は宇宙ですか。
ホンダの創業者本田宗一郎さんも飛行機までは想定内だったと思いますが宇宙は考えていなかったと思います。
天国から喜んでくれているのではないでしょうか。
本田宗一郎さんの起業家精神を感じますね。ホンダのこういうところ好きです。亡くなられて30年もたちますが挑戦心がしっかり受け継がれているのがすごいです。
先日の火星でのIngenuityによる初のヘリコプター飛行が無事成功をおさめ、今度はホンダ車はじめ、様々なメーカーのクルマが走る日も来るのでしょうか。

既にF-1のパワーユニットにロケットエンジンの開発で得た技術が導入されている事を踏まえて今後のロケットエンジンにホンダのDNAが組み込まれるとなると毎回発射時はLiveで見届けたくなりますね。
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.97 兆円

業績