新着Pick
745Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「イノベーション」の目的として、幸福に焦点があたっていない限り、イノベーションが人類を幸福にするかどうかはケースバイケースになりますよね。

例えば、ここ20年で生活を大きく変化させ、大きく経済に貢献しているスマートフォンは時代を象徴するイノベーションです。

幸福の観点では、生活をより便利に快適にしている側面と、例えばみんなで集まって食事する際も使用を続けるといった中毒的な使用によって、現実の人間関係を損なうといった負の側面もあります。

幸福は多義的、多面的ではありますが、これまでの研究から「あたたかい人間関係」が、我々の感じる幸福の大きな割合を占めていることがわかっています。

「あたたかい人間関係」が促進されるイノベーションであれば、人類を幸福にできるはずです。
私も楽観主義です。
でなければ、旅行業で起業して一年目でコロナ禍に直撃し、もうとっくに心折れていたでしょう。

少子化について分析したことはないのですが、私が子どもの頃よりは、明らかに多くの情報にふれ、子どもたちなりに色んな議論しているのを見ると、知能レベルは底上がってるなとは感じ、子どもが少なくなっている効果と指摘されると、そうなのかもしれません。モノの見方次第ですかね。

未来は明るい。
そう思うと、新しいアイディアも、生きる活力も出てきます。
今日も張り切っていきましょう!
マット・リドレー対談の後編のテーマは、イノベーションと幸福について。人類の生活は、さまざまなイノベーションによって、かつてもより豊かで、安全になってきていると私も思っています。そしてこれからも。

という楽観主義を基本に置いているものの、仕事柄、どうしても悲観的なものの見方をする部分もあり、リドレーさんの指摘は痛いところを突かれた思いです。
イノベーションによる少子化は人類にとって喜ばしいことになる。合理的楽観主義があらわれている言葉です。

このまま人類が爆発的に増えつづければ、地球はもたなくなってしまいます。食料が足りず、温暖化が進む。それを防げるのは、イノベーションによる少子化。ある一定数で人口をバランスできるかもしれません。

地球の未来にとって、最適な人口とはどれくらいなのでしょうか。
メディアの立ち位置って難しいですね。NewsPicksの良いところは、建設的な意見を共有できることかもしれないなぁと、これを読んで思いました。

『ニュースメディアやインテリの間には「悲観主義中毒」のような傾向があります。これは、何百年も前から変わっていません。』
ものが増え続け、人間が増え続け…そういう成長の時代が終わりを迎えて、「心の豊かさ」に注目が集まり、幸せについて考える人が増えています。人が幸せを感じる条件と、イノベーションが起こる条件は似ている、、
言っていることもよくわかる。合理的楽観主義もそうだろうなと思うけど、でも、それは、大きな主語の側からしか見ていない話。悲観主義は小さな主語からやってくる。
事実を楽観的に解釈して、流れを受け入れることも大事ですね。

受け入れることは負けではないですし、諦めでもありません。

受け入れた上でできることを、楽観的に楽しむことで、社会は良い方向に向いていくでしょう。

そういった意味では、危機を煽るだけの発言や行動は、より辛くなるだけかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
確かに、少子化は不幸ばかりではありませんが、
小子にせざるを得ない状況、社会の制約につい手を 是とするものでは、ないと思います。

業績