新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワクチン調達については、自国で作っていないイスラエルなどでも先行していますが、日本は感染が多くなかったため、お金や政治力のつぎ込み方に無茶ができなかった、とも思えます。アメリカの報道では、日本はオーストラリアなどと並んで「感染を抑えていたがゆえにワクチンで出遅れた国」の一つとみられることが多いです。

これは仕方ないですが、今からでも必死で頑張りましょう。

それと、今後の国家/企業戦略の教訓として、「できるかどうかわからないワクチンの開発に大金をつぎ込む」というビヘイビアの評価があります。「エコノミスト」のポッドキャストで、EUとイギリスの違いを評して「ベンチャー投資のようにリスキーな投資をした英米と、『購買』として値段や品質や納期を叩いたEUの違い」と言っていたのが印象的でした。日本は間違いなく後者です。英米は成功したから結果オーライですが、失敗していた可能性もあるわけで、そういうお金の使い方を日本政府も日本国民もきっと許さなかったでしょう。

いろいろな産業での変化点を迎えた日本企業が、混沌を生き抜くためにはベンチャー投資的なビヘイビアが必要、という教訓だと考えています。
ワクチンのことを『遅い』と皆さんおっしゃいますが、政府にどうしろ、どうすれば良かった、と言うのかがとても気になります。

日本はワクチンを国内生産していないので、海外から仕入れるしかなく、また感染者数も少ないから、製造する先進国が被害の大きい自国を優先するのは至極当然のことのように思います。

そんな中で交渉をサボっていたという報道は聞こえてこないので、私見ですが、努力してこの結果なんだろう、と。

政府の肩を持ち過ぎですかね、とにかくワクチンを作っていないことを批判するのならともかく、調達が遅いという批判は無理ゲーじゃないか、と感じちゃいます。
先進諸国がワクチン接種を急ピッチで進めて来た理由の一つは、ウイルスが変異するものである以上、グズグズしていると、昨年の型のインフルエンザワクチンを翌年になって打つようなアホウの極みになる危険性があるからである。
ワクチン獲得競争が激化しまくるのは去年から明白だった。そうしたなか、英国やイスラエルではトップがリーダーシップを発揮して直接交渉でワクチンを獲得。治験も急ピッチで行った。接種体制の構築も。日本は官僚任せで全ては平時と同じ対応。モデルナのワクチンの承認も5月以降と遅々としてる… たった300人の治験のために… 1日のワクチン接種人数もまだ15万人。

オリンピック開催は当初は楽観的だった。ワクチンが間に合うと思ったから。米英などはほぼ国民全員に行き渡るのが間近。日本はまだ170万人だけ。到底間に合わない… ここまでくると無事開催させるためには、選手や関係者、ボランティアスタッフに優先的にワクチン接種をやるしかない。ただリーダーシップがない今の政権にその意思決定ができる気がしない… 本当に全てがグダグダ…
ここまで来ると、昨年夏にオリンピックを開催していた方が良かったということになりますね。来年に延期で良いと思うのですけどね。

そもそもワクチンが、日本のような世界的にみれば感染者数も死亡者数も少ない国に優先的に回ってくると考える方がおかしいです。だから、河野太郎議員が「国産ワクチンがあれば……」と嘆いたわけでしょうから。
オリンピックは本当に間が悪かった。本来の楽しめる部分が削ぎ落とされて政治利用の色だけが残る。命よりも五輪が優先とかそんなくだらない質問ではなく、経済打撃を普通に問いただしてほしい。政権批判が筋違いで、あなた達が高齢者の命重視だからこうなってるんだよ、と。質問してるメディアのレベルが低すぎ。
病床数は増えないのでワクチン接種のスピードが一気に加速しないと、まん防や緊急事態宣言は繰り返す。というシミュレーションで計画立てることが多いです。これを良い意味で裏切って欲しいです。
昨年の5月ごろCNNやBCCでは、ワクチンをいかに製造して広げていくか、それまでどのように凌いでいくかの議論をしていた。論文もいち早く、夏頃には注射後2か月後の抗体価などの情報が出ていた。

政府や厚労省含め官僚に情報を集めるシステムが十分にない、或いはあっても機能していないんじゃないかなと思う。

日本では流行していなかったために国内産ワクチンの臨床試験を行う事は極めて困難だっただろうし、中国のように南米に配って臨床試験を行うだけの官民連携とパワーはなかっただろうから国産が非常に出遅れているのは頷ける。
しかしこれももっと国がアンテナ貼って、鼻が効いていれば、中国のように動けたんじゃないかなと思うと残念だなと思う。
他でも記載しましたが、以下が私の意見です

-----

そもそも、今のレベルの感染者数の中で、国がここまで強肩発動して抑え込むべき水準ではない

既に、感染症に対する対策方法も認知が高まり、生活に対策を取り入れている人が殆ど

それでも感染が増えるのは、リモートワークの不徹底による通勤やオフィスでの感染や、一部の個人によるコロナ疲れからも来る"非常識"な行動によるものが大きいのでは

そんな中で、まんぼうで既に効果が出なかったとわかっている路線での規制を強めるというのは、愚かだと思います

ちゃんと対策をして生きている企業や国民が犠牲になり、よりコロナ疲れが加速してしまいます

タイミングとしては、オリンピックはともかく、米国のように、日本はこれからまた回復するぞ!という気運が必要です

完全に逆を行ってしまい、国際的にも遅れを取ってしまいます…