新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
陸上での風力発電が建設できるエリアが限られている中、台風対応の国際認証を取得したことは設置エリアが増えるので、パリ協定の元で脱炭素を目指す需要国にもメリットがあると思います。昨年は新たに建設された発電所の8割が再生可能エネルギーでした。
一方で風力発電所のリスクは建設、オペレーション、メンテナンスまで全てを見る必要があり、新技術の導入が建設やメンテナンスに与える影響を見極める必要があります。
シーメンスとガメサが合併してヴェスタスと2強状態だったのでそこに割って入っていければより競争力が働くマーケットになると思いますのでそういうメリットもあるでしょう。
クラスTは日本が日本の台風に合わせて提案して採用された規格ですね.
感染拡大の原因が、自らの政策の失敗(アベノマスク、ココア、GoToと枚挙に暇がない)と誤判断(緊急事態宣言の発出の遅れ、早すぎる解除)にあることの自覚がないのか、オリパラ開催もIOCに責任を転嫁しようというのか?

オリパラ参加の最終意思確認を各国、各団体に求めるべきだ。
同時に、事後に開催国として、損害賠償を請求されないよう、参加者・団体から無条件免責を確保しておくべきだ。
PCR検査も満足にせず、ワクチン接種も遅々として進まないのでは、主宰者、参加団体、選手は、必ず法的責任が問われる。

無観客以もとより、無参加でも開催するつもりではないだろうが、最低開催国数や参加人数はいくつか?
耐台風型の洋上風力発電機は、8月下旬から10月下旬まで台風シーズンが続く日本に最適です。北西太平洋上空では、毎年およそ30個の台風と熱帯暴風雨が発生し、その一部が日本に上陸しています。
ということは台風のタイミングが逆に発電の絶好の機会になるということなのでしょうか。
当然ですが、同じコストではできません。
風速57m/sに耐えられる洋上風力とは、にわかには信じられませんが、まずは試験的に実施してみることですね。