新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社は首都圏だけでなく日本全国に様々な事業所があり、地方で活躍される方々がたくさんいらっしゃいます。
地方創生も活発化しており、そしてリモートワークも増加したことから、地元にいたままで仕事ができるケースが多く、働き方の多様化も進んでいます。そういう意味では地元からの採用希望も増えたように思います。

やはり学生の皆さんからすれば、対面でお会いした方が、会社を理解できるというところはあると思いますが、なかなか安全を考えて難しい状況ではありますね。
OGOB訪問や、インターンも全てオンラインで実施しているのですが、それをどうやったらより、対面で近い形で会社を理解し、そこで働く人を知ることができるものか、更なる工夫を考えてまいりたいと思います。
灯台もと暗しだったということが証明されたようなニュースですね!
コロナ前は東京にある企業に目がいき、なかなか気付かなかった地元の企業の魅力。
意外にもコロナをきっかに、地元の企業に目が行くようになり、今までは見逃してしまっていたような地元企業との出会いが創出されたのかと。

今後、企業も◯◯ビルに入っている、とか、お洒落な◯◯ビジネスエリアにオフィスあり、ということが採用アピールにならなくなるかもですよね。
最後は対面でとのニーズは双方にありますが、前段階からWeb面接の浸透で、企業も学生もだいぶ選択肢が増えました。
一方で、企業も学生もWebに柔軟に対応できるか否かで、お互いの納得度に大きな差が生まれてきています。

コロナが終息してもこの流れはメリットが大きいのて定着しそうです。失敗を恐れずに早々に着手して最適な方法を模索しないと、ますます厳しくなります。
あらゆる事がジブンゴトとなりそうな気もします。気候環境サミットにおいてもそうですし、いまPESTでいろんな事が変わっている中で地方にはスピード感と先行きが見えないマインドをとことん癒やしてもらえる要素がありそうですね。衣食住という言葉の意味と、最低必要源に回帰する動きもこれから出てきそうですね。
求める業種や仕事内容が地元にあってしっかり収益も出しているような企業なら普通はそちらから選びたいと思うんですよね。
今までが異常だった部分もあるけど、もっと地方企業はがんばらないといけない。
地元思考の全くない自分からすると、地元に根ざして頑張る企業とか、人はすごいなと思う反面、あまり理解が出来ず。企業とか、個人の可能性を狭める要因になるのならやめた方が良くて、そこにいることに意味がある、価値を見出せるなら是非やるべき。ただ最近リモート可能なので、そもそもロケーションは本当に関係なくなって来ましたね。
帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、本店、本社を大阪市北区に置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,676 億円

業績