新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひとつ足りないという事を仰りたいんでしょうねぇ、「なぜ?」の数が
私も何度も書いてますが、エンジンがダメなのではなくて、カーボンニュートラルな燃料を使うならエンジンは持続可能。世界中を走るクルマ、ずべてバッテリーEVとFCVになるわけではない。
うーん、欧米にとってカーボンニュートラルはあくまで手段なんですよね、目的がビジネスです。そしてトヨタが強いからこそそうでない領域に引き摺り込んでいる訳だと思います。政府にもメディアにもそうはっきり説明しないと、ここまで大きな動きになった今の段階ではなかなか世論は動かない気がします。
ガソリン車が作れなくなるからと言って、
トヨタが日本国内で本気でBEVを売ることはありません。
そもそも日本全国に超高速EV充電インフラが無いし、
今後作る計画も無いからです。

超高速充電インフラは、
・国内メーカー連合が作るか、
・政府が作るか
のどちらか。

韓国や米国は政府主導で作る模様。

日本政府も、国が作ってあげなければ、BEVが広がらない事くらい百も承知でしょう。わかっていて態と作らない。
その理由は、電力不足が深刻になってしまうからかもしれませんね。

現状日本国内は、
テスラが自力で250kWhの充電インフラを設置していて独走体制。
次点はポルシェ。
日本の産業界を代表するトヨタの豊田章男社長が訴えたかったのは手段の目的化への懸念でしょうか。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.1 兆円

業績