新着Pick
227Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今度こそ後継なるか。ソフトバンクの宮川新社長のように200億円で自社の株を市場で買う、くらいの気合があれば永守さんも安心して引退できるのではないでしょうか。日本の非オーナー経営者はもっと自分の会社の株を持つべきだと思います
人気 Picker
私は永守さんが素晴らしいリーダーだと思っていますが、いつかは世代交代が必要なので、これは良いことだと思います。関さんはCEOとして、どんどん自分が思うところを実践されるように期待しています。
オーナー経営者の引継ぎは、日本ではユニクロ、ユニデン、アメリカではナイキ、オラクル、スタバなど一度譲って返り咲くケースがままあるので、そうならなければいいなと思います。関新社長へのプレッシャーは相当なものでしょうが、それを乗り越えたら本当に素晴らしい。
永守さんは著名な創業経営者の中でも、際立って公私の分別をしっかりされる方だと思う。
会社を私物化することなく、社会とそして従業員のためにベストな選択肢として、禅譲されたのだろう。

ご自身が保有されている資産も、多くは寄付するなどして社会に還元される予定と聞いているが、なかなか出来ることではないと思う。ただただ本当にすごい。

30年近く前、リクルートでデータ専用線の営業をしていた時、新規で日本電産さんとの取引を始めさせていただいた頃が懐かしい。あの時の日本電産は確か売上500億程度だったが、永守さんは誰よりも早く出社して、ファックスで各組織に指令を出す「ファックス爆弾」ていうのがあったと聞いている。

誰よりも働き、誰よりも考えてこられたこれまで。
今後もそんなにゆっくりされないんだと思うが、身体を労って欲しいと願う。
永守氏が創業した「日本電産」ここまでの成長することを予想した人は、当初ほとんどいなかったのではないでしょうか。特にバブル崩壊後の日本企業の低迷の時期、工場を持たないファブレス(fabrication facility)化は大企業がこぞって賞賛した戦略でした。

その後、ファブレスの受け手側(Facility)で成長企業がみられる中で、持たざる経営を進めた企業の凋落もあり、ファブレス云々でなく、結局は経営戦略の優劣の要素が大きいことが教訓として残りました。

M&Aブームの中で、買収と売却を繰り返す企業が目立ち、日本電産もそのような印象のある企業です。M&Aもそれ自体が望ましいわけではなく、質の問題だと思いますが、日本電産のそれは戦略的に優れることが多く、企業をけん引してきた印象を受けます(M&Aが収益を毀損させる企業が多い中で)。

すでに日本を代表する企業に位置しており、永守会長の一存のみで動くようなこともないのでしょうが、退任を機会に、同社でも「普通の仕組み」の意思決定が増えていきそうです。後任の関社長が受けるプレッシャーは大きいと思いますが、益々の成長を楽しみにしています。
良いことだと思います。経営者の最後の重要な仕事は、後進に譲ることですので。
しかし、この部分が非常に気になります。
「今後も創業者で代表権のある会長として、中長期の経営課題に対処する。」

創業経営者はどうしても会社を我が子のように思って、つい、悪気なく院政を引いてしまうことがあります。
過去にその結果として大失敗した例はダイエーを始め枚挙に暇がありません。
合理的な永守さんですが、どのように真に退任するまでの道のりを進まれるのかが重要であると思います。
皆さん今、関さんのWikipedia観ているのではないでしょうか。拝見する限り、欧州とアフリカ除く地域でご活躍された手腕を、主力製品である電動機はモビリティ、HDDにも内蔵されモータの多様化も今後想定される中、次の投資と産業構造にどう展開されるのかが気になります。本社所在地の一角は平城京から平安朝に移る期間に天皇の御所だったこともあり、サステナビリティへの取り組みも歴史的観点から気になりますね。
永守氏、孫氏、柳井氏の日本のトップオーナー経営者3人(孫氏の言葉を借りれば「ほら吹き三兄弟」)のなかで、誰が一番最初に後継者問題を解決するか。三名とも一度は引き継ごうとして失敗している。
電気自動車への舵の切り方や、経営の考え方など、永守さんの発言をいつも楽しみにしていました。新しい体制でさらなる成長に挑んでほしいですね。永守さん自身も今後社会に対して様々なことをやられることかと思いますが、引き続き楽しみにしています。
同じオーナー企業であるファーストリテイリングやソフトバンクグループも後継者人事では失敗しています。正直言って今回の人事も半信半疑で見ていますが、日本を代表する企業として上手くバトンタッチできることを願います。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
7.14 兆円

業績