新着Pick
27Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
通常の感染症は途上国で始まり、途上国から世界に広がることを阻止するため、先進国から途上国に「国際協力」の形でワクチンが提供される。しかし、今回は先進国の被害が大きい。自国のワクチン接種を犠牲にして輸出することは難しい。結果として自国ファーストとなる。
人気 Picker
記事中のバイデン氏の考え方として伝えられている内容は、極めて普通のことであり、他国との協調の中で、他国の利益も提供できる内容で、歓迎すべきものだと思います。

米国は、未承認のワクチンもすでに購入し、在庫として確保しているようです。米国の審査基準で承認できていないわけですから、当然に米国内では使用できません。このワクチンは、現時点でのステータスはすでに緊急使用の認可が下り、使用されているワクチンに劣後しますが、引き続きリスクマネジメントのためには必要だと、「現時点では」考えており、確保を続けます。しかし、他国での優先的に使用したい場合は「貸す」。現時点ではあとで返してもらうという考えです。

まずは、ワクチンの接種を国内で推進し、感染への対策が進んだ場合は、他国支援を拡大するということでしょう。先日の日米首脳会談に付随して行われた、首相とファイザー社との会談で「日本へのファイザー製ワクチンの5000万回分の追加契約」も米国で使用する予定の分を、日本の窮状を伝えたことにより、日本に先に回したということだと思っています。

米国は、医療は日本よりはるかに分業体制がすすんでいることもあり、予防接種は薬剤師も実施権限を有し、実施していました。医師は、万が一副作用が発生した場合のサポートに回るとしていましたが、新型コロナ対策では、接種資格をほかの医療従事者にも拡大しています(州によって分業の内容に少し差異あり)。医薬品の研究開発についても、ウイルスまん延を以前から想定しており、かねて重要産業としてサポートしていました。危機管理の能力に関し、日本との次元の違いを感じます。
米中ワクチン外交合戦たけなわ。今回の首相訪米では日本は頑張ったと思います。
コロナは、若者より高齢者、発展途上国より先進国、痩せている人より太っている人が罹患しやすい感染症であり、先進国であり大国ですが、肥満の国でもあるアメリカは、まずは自国優先が道理かと。
米国はエビデンスベース、合理的政策で本当に羨ましい。コロナがどうこうより、日本はここまで馬鹿な意思決定者と市民の国だったのかとひたすら絶望
難局を乗り切るには、パートナーシップが重要ですね。