新着Pick
685Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国から東南アジアがどう見えるかという視点で読みました。後半にある「未来への伸びしろ」の図版は興味深いですね。「ブルーオーシャン」の箇所には、ネクストユニコーンがひしめいています。

表の枠となっている中国と事情が異なる点があります。フィンテックはシンガポール、タイ、マレーシアなどの銀行が自ら動きスタートアップとの連携も進めています。SNS/ チャットはベトナムのザロのようなローカルもありますが、基本的にはワッツアップやFacebook、インスタなどのグローバル系が普及し、中国のWeChatのような巨大ローカルは当面ないでしょうし、あってもスイッチする理由もありません。同様のことはネット動画はネットフリックス等とも言えるでしょう。

オンオフの融合、Eコマース物流は一部始まりつつあります。

Eコマースが空白になっていますが、ここにはラザダ、SEA傘下のショッピーがあり、Qoo10が御三家状態になっており(親会社の関係等で表現悩みますが「ユニコーンクラス」と言っても良いと思います)、インドネシアのような大市場はトコペディアやブカラパックという地場ユニコーンが存在するほか、各国・リージョナルにポメロのようなファッション等に特化してある程度のサイズになっているものがいくつか存在します。それでもEコマース普及率や所得の上昇を考慮すると伸びしろがまだまだある。

なお、東南アジアの現地サイドの目線からの記事は下記。

4年前の記事ですが、ロケットインターネット、テンセントへの取材込。
「ユニコーン争奪戦。アリババとテンセントが飲み込むアジア」
https://newspicks.com/news/2299532/

INITIALの東南アジアユニコーン&スタートアップ特集。
「デカコーンの創出、5つのキープレーヤーから読み解く」
https://initial.inc/articles/southeast-asia-startup-1
「ネクストユニコーン50社超、鍵は「越境」」
https://initial.inc/articles/southeast-asia-startup-2
「発展途上の東南アジアSaaS、日本勢の活路は「バーティカル」にあり」
https://initial.inc/articles/southeast-asia-startup-saas
SEAというよりも子会社のゲーム会社、ガレナ(Garena)の方になじみがある人も多いのではないでしょうか。
 SEA・ガレナが主に何をしている会社かというと、シンガポールを拠点して中国、台湾、東南アジア、南米そしてインドにオンラインでゲームを供給している会社です。
 創設者の李小冬(フォレスト・リー)氏は、中国出身ですが、スタンフォード大でMBA取得後、シンガポールを拠点としました。SEA・ガレナはゲーム会社として、シンガポールの地理的優位性を大いに活用しています。出資者を募ること、製品開発すること、そして、世界各地に進出すること、です。
 同社の最大の後ろ盾は出資比率からいってもテンセントで、何ならシンガポールを拠点とするテンセントのゲーム部門の別動隊、といっても言い過ぎではないでしょう。配信しているゲームも、テンセントが米国などで買収したゲームが多いです。しかし、マレーシアの砂糖王で中国にも傘下企業を持つ郭鶴年(ロバート・クオック)の財閥からも出資を受けるなど、シンガポールの立地を生かしています。
 SEA・ガレナはあくまでシンガポール企業なので、そのことは台湾やインドに進出するうえでも有利に働きます。インドでは、テンセントをはじめとする中国企業製アプリが禁止されましたが、SEA・ガラナは進出を続けています。

東南アジア最大のテック企業「Sea」、ゲームやEC事業の売上高倍増 背後にはテンセントの支援
https://news.yahoo.co.jp/articles/bed4773c9cc94c92538d9f35530c79e91434b76b
日本では馴染みのないSEA(シー)というスタートアップですが、2009年に創業したこの会社、実は東南アジアにおけるあらゆる大企業や銀行などをぶち抜いて、13兆円企業となり、いま最大のテクノロジーコングロマリッドになっています。

この東南アジアのキングを見つけて、最初の機関投資をしたのが、アジア系移民としてアメリカで育った、まだ若い投資家でした。多くのVCが、ゲームビジネスだとたかをくくって、投資をしなかったSEAは、いまや東南アジアのテンセントのような、巨大企業になりました。

伝統企業が多い日本では想像できないのですが、アジアで勃興する、新しいテクノロジーコングロマリッドは、これからさらに増えてゆきます。ぜひ気鋭の投資家のインタビューを、ご一読ください。
東南アジアの巨大企業「SEA」に投資し、自らも社長を勤めたユニコーンの「原石ハンター」にお話を聞きました。

これまで「1%の投資家」シリーズで初めて、ここまで数字を出してお話しするか!というくらいの数字出てきました。なぜ東南アジアで来るユニコーンがわかるのか、どのセクターがいつ盛り上がるのか、その答えが全て数字で返ってきました。

まさに、ニック・ナッシュさんの強さは、この徹底した分析にあるのだと感じます。

また、東南アジアで生まれる次の「ユニコーン」を探すのでなく「サイ」を探すとお話ししています。ツノを持ったサイは1000キロを超える哺乳類で最も早く走り、タフで、謙虚だと。そして所詮、誰もユニコーンを見たことがないのだ、ということです。

個人的には、移民としてアメリカで育ち、アジアに戻って創業者としてキャリア築いているところに共感しました。移民の人たちのタフさ、またマイノリティの部分があるからこそ、それを強みにできた時に発揮できる力が大きいという生き方に非常に励まされます。


産業構造やお金の流れを基に次の注力領域を探すというアプローチはとても面白いですよね。

エコシステム形成という観点だと、スタートアップエコシステムが勃興しているマーケットを更に加速させるためには、ニック・ナッシュのようにアメリカのVC業界で経験を積んで、出身国や馴染みのあるマーケットに参入して有力な投資を行うというのがアプローチの一つだと思います。(もちろんシンガポール出身の優れたベンチャー・キャピタリストも多いと思いますが)

先日パキスタンのVCと会話した際も、パキスタンにはまだ6-7つのオフィシャルなVCしかないそうですが、アメリカやイギリスで経験を積んだパキスタン人が立ち上げの中心で、彼らのネットワークもあり欧米のVCも参画しはじめているとのこと。日本でもこういった流れを作っていきたいと強く思いました。
内容は面白いけど、ユニコーン投資の空白地帯やブルーオーシャンという表現にはかなりの違和感。東南アジアのスタートアップは、GrabやGoToなどユニコーンどころか複数のデカコーンが鎬を削る日本と比較しても巨額のマネーが飛び交う市場と既になっている
シンガポールは北米以外の地域でイスラエルと並んで最も多くのKauffman Fellowを出している地域でニックはそのハブのようなFellowです。

ニックを見ていると、海外との接点を早い段階で持った家庭環境、グローバル企業での早期キャリア、金融機関での経験と最初のベンチャーの勃興でチャンスを見出したタイミング、これらはGGVのハンスとの類似性を感じずには得られません。ジェネラルアトランティックは日本での知名度こそ低いですが名門ファンドでそこで当てた案件がSEAです。

ぜひ日本の皆さんに知って頂きたい人間のひとりです。
歴史を知ることで、未来を予測することができる。そのとおりですね。新興国の成長はほぼそのパターンで成長していきます。ユニコーンの原石を見つけるには、そのパターンを読めばいい。

インドではFinTechのユニコーンが次々に誕生しています。PolicyBazaar、Digit Insurance、BillDesk、RazorPay、Pine Lab.などなど。インド市場はホットです。
『中国で盛り上がっていて、東南アジアにないブルーオーシャンは、例えば、デジタルヘルス、フィンテック、イーコマースの物流といった分野。』
『私たちは、2029年までに東南アジアから、時価総額が1000億円になるユニコーンや、それ以上のデカコーンが20社以上、誕生するとみています。
これは当てずっぽうではなく、ちゃんと根拠があるのです。』

→ 東南アジアのブルーオーシャンを、中国企業が席巻するシナリオもありそう。そうならないためには、中国で先に盛り上がる市場はいずれ国内でも盛り上がることを見越して、「どこが自国でサービス展開する上で変えなければいけないことなのか?」を捉えないと。そしてそれは、日本にも当てはまること。
>>「SEAグループの社長(プレジデント)にならないか」と、切り出されたのです。
その時、私の脳裏によぎったのは、中国のアリババです。ジャック・マーを創業時から支えた名参謀に、ジョセフ・ツァイ(共同創業者・副会長)という人物がいます。
私も彼のように生きてみたい。そう、思ったのです。

この意思決定すごくおもしろいですね。

SEAはもともとGarenaという社名だったけど、NYSEへのIPO前(2017/5)に持株会社化してGarenaはブランドにSEAを社名に変更した。
SEA=South East Asiaとも読める。これはすごくいい社名ですし、後半のブルーオーションの見つけ方でわかるように今後の事業展開にはワクワクしますよね。

--
あと、SEAに続き、Grabも米国上場。イケてる東南アジアスタートアップを日本、東証は獲れなかったのが残念...
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。

業績