新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
緊急事態宣言解除後に軽井沢に大挙して押し寄せた金持ちの酒飲みが集団でコロナに感染したのかと思った
人気 Picker
行政の区分は、カスタマーにとっては何の意味もなさない。
境界線があるからといって行動が制限されるわけもなく、域内に押し留めようとするのは愚の骨頂だ。
この論に異を唱える人は誰もいないだろう。

ではなぜ多くの行政が連携に向き合えないのか?
それは、観光産業において「リピート」という概念が希薄であるからだと思う。

その瞬間瞬間に収益を極大化しようとすると、カスタマーの志向がどこにあろうが、逃がさず域内で消費を促すことになるだろう。これが多くの地域で起こっていること。

ところが、リピートしてもらうことで、将来にわたっての収益までを見通すならば、カスタマーの志向に寄り添い、域内を越えて連携することで価値提供し、満足度を高めることに向き合うことになるはずだ。
大軽井沢経済圏は、まさにカスタマー視点に立ち、カスタマー志向に寄り添った取り組みであり、大いに賛同する。

広島の観光も、この方向に大きく舵を切っているところだ。
目先の果実に囚われることなく、将来を見据えた取り組みをすることが、地方創生につながる近道だと信じている。
ネームバリューのある町とその周辺地域では、それぞれのプライドからなかなか一つにアイデンティティがまとまりづらいのは軽井沢に限らず色々な地方であることなのかと思います。ワイン製造という一つの確固たる産業を中心にがまとまるというアイデアは分かりやすいのみならず、地域全体のサステナブルな活性化につながるかと思いました。

私自身はコロナ禍で栃木県の那須塩原市というところに移住しましたが、ここでも実は地域バラバラ問題があります。
御用邸で有名な観光地&別荘エリアは「那須町」で、これは隣町にあたります。私なんかはよそものなので、自分たちの住んでいるところを那須と言ってしまうのですが、地元の人は那須と那須塩原は違うというアイデンティティがあります。また那須塩原市内でも、別々のエリアごとにそれぞれプライドがあり、那須塩原といっしょくたにしないで、という感情が根強くあるそうです。みんなで「那須エリア」として盛り上がろうよ!といっても、そもそも共通のアイデンティティがない中ではなかなか難しそうです。

一つの産業を通じてバラバラな周辺エリアがつながり合うという「大軽井沢経済圏」のようなモデルはとても面白いと思います。
他の地域でも同じような形での地方創生が進むと色々な可能性が形になっていくのではないでしょうか。
実は東京の郊外という大都市圏片鱗立地で、かつ歴史がおり、自然環境もありながら集積が進んでいってるのが軽井沢の強み。地域振興策でも一つの大きなものよりも、集積がとても大切であり、自治体単位より何層にも都市圏で捉えることは大切。
「学びの場がある事により情報が集まりやすくなり、多くの企業や組織が地域と共に共創・協力し、お互い学び合ったり連携したり、人と人が交わることにより、最終的にはイノベーションが誘発されやすくなる。まさに理想的な酒類クラスターである。」
なるほど。今は学びたいという大人もたくさんいると思いますし、子供にいろんなことを学ばせたいという親もたくさんいると思います。学びの場から広がる連携いいですね!