新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中高生の頃、母のレコードを引っ張り出してきてよく聞いていました。

あの頃は、同じレコードを何度も何度も再生することがありましたが、いくらでもストリーミングができる現在では、同じ曲を聴く頻度は当時と比べて著しく下がったように思います。

手に入れるのに苦労した本に愛着がわくように、人間の中の認識は、コンテンツそのものだけではなくそれにまつわるあらゆる体験が紐付いた形で保存されているのだと思います。

そうした意味で、レコードの独特の音質や、再生までにかかる待ち時間、針をセットする感触、大事に扱わなければ傷がついてしまうレコード盤、様々な体験が一体となって心に訴えかけてくるように思います。

どれだけデジタルが発達しようとも、データだけでは生きられない、ということの証明であるように感じます。

一方で、VRに触覚情報や嗅覚情報を載せられるようになった時、どこまで人間の五感を騙せるのか、ということにも興味がわきます。

いつか、VR空間上でレコードを再生する日が来た時、私たちはその体験に満足することができるでしょうか。
記事中触れられていませんが、アナログレコードのジャケットを眺めるのも良い気分転換になります。
ずとまよも最近レコードで出してたな。
ちょっと特別感あるのが良いですよね
ジャケットを並べる楽しさが堪らなく好きですね

高校時代に、IRON MAIDENとかメタルバンドのレコードを買い漁ったのが懐かしい
懐古でしょ、シティポップも流行ってるらしいね