新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グローバル動画配信サービスにより、コンテンツの奪い合いはもちろん新作競争もこれから激しくなるでしょうね。「ディズニー+」は今までネットフリックスで見ることができていたディズニー系列の作品を整理することとともに、コンテンツへの投資も強めていますが、まだ動画配信サービスとしての独自な戦略をネットフリックスよりは掴んでいない気もします。アジア市場を攻めているネットフリックスのように、今後韓国ドラマや日本アニメにディズニー+の巨大な投資が行われる可能性についても注目したいです。
マーベルシリーズで唯一スパイダーマンだけソニーの権利だったので、ディズニーとしてはこれでちょうどピースがそろった感じですかね。
時代の移り変わりを反映してますね。ソニーは独自コンテンツの保持と活かし方に最もポリシーを持っていた会社かもしれません。特にソニーミュージックは、アップルのitunesライブラリーに加わるのを渋っていたため、邦楽は全然ダウンロード出来ない時代が続きました。映画はコロンビアピクチャーズが前身であるがゆえ、考え方がより柔軟なのかもしれませんが、ストリーミングが主役に躍り出たことを意味する更なる一歩。

ソニーとしてはマネタイズ(収益化)する手段の道筋を引いたので中期的には厳しくなるでしょう。オリジナルドラマと対抗しながら大型投資で当て続けるのは至難の業。時代は変わりますね。
日本では分かりませんが、Disney+の米国での明確な強みは連合にあります。

HuluとESPNと組んでセットとなっているのですが、これにより幅広い層が取り込めます。

言い方を変えるとDisney+のサブスクライバー数はHuluやESPNユーザーにより水増しされてるとも。
ESPNだけ観てる人とか結構いると思います。

その「非アクティブ」なユーザをアクティブにするきっかけの一つがSONYじゃないでしょうか。

連合はユーザ獲得の入り口に過ぎず、おそらく収益分配は試聴時間などに基づいてやってるとおもうので、ここからはバチバチの闘いですが、獲得コストを抑えられる分をエンゲージ強化に回せるのは3社の強みです。

SONYは徐々にプレゼンスをあげつつありますが、IT領域におけるグローバルでのスケール化を苦手とする日本企業がどこまで出来るかは注目です。

コンテンツ制作サイドの心理的には勝者に乗りたくなるため、Netflixを独走させないための各社のアプローチが面白いですね。
スパイダーマンのみDisney+で見られなかったのでマーベルファンには朗報です。

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
24.1 兆円

業績

業績