新着Pick

北方領土に最新戦車配備へ ロシア軍、日米けん制狙い

北海道新聞 どうしんウェブ
【ユジノサハリンスク仁科裕章】ロシア軍の極東地域を管轄する東部軍管区のベリャフスキー第68軍団司令官代行は21日、国防省機関紙「赤い星」のインタビューでクリール諸島(北方領土と千島列島)に最新...
25Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
共産国のやる事は、内政ピラミッドのためが、最重要なんじゃないですかね。その為には外部を利用することを厭わない。
シベリア抑留は返す返すも腹立つが、本質だわね。
人気 Picker
色々な発表に目を通す限り、小泉先生ご指摘の最新型のT80BVMではなく、やはり一つ前のT80BVのようですね。
折角更新したはずのT72B3から、またT80BVに戻すのは、そちらのエンジンの方が寒冷地に適しているからだそうですが、実際のところはT72B3に何か整備面での不具合があったのかもしれません。
そう考えると、確かに日米牽制というよりは、迷走に近いのが実態のように感じますね。
新型戦車というか、以前北方領土に居たT-80BVの近代化改修型(T-80BVM)でしょうね。
東部軍管区では他の部隊にもT-80BVMの配備を開始しているのでこれに合わせているのかもしれません。
それにしても、北方領土では最近T-72B3(これも旧式のT-72を近代化改修したもの)の配備が始まったと伝えられたばかりなのですが、一体どうなっているのでしょうか。
日米への牽制というよりも、「迷走」という感じがします。