新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融でいうところのバッドバンクとグッドバンクみたいですね。
資金の使途を明確にして使途がわからなくなること(コミングル)を避け資金調達を円滑にするという点では意味があるでしょう。
言わずもがなですがCO2の排出などの環境へのインパクトは企業グループ全体で見られるので分離するだけでは何も変わらないです。
ENIのClaudio Descalzi氏は、以前からエネルギーの多様化を主張していた。つまり、多様性の中で、化石燃料も使いようだというわけであろう。だからこそ、ENIは、ノルウェーでエクソンモービルの資産を買収してまで合併企業を作ったのではないだろうか。
UAEでは着実に存在感を増しているENI。昨年末から今年にかけても新規の探鉱(地下の石油ガスを探す段階)鉱区を複数取得するなど、化石燃料事業の段階的縮小と言われてもピンとこないですね。
イタリアの大企業「Eni」が、石油事業分離を検討していると。
「独立した事業体を設立することで昨年時点で267億ユーロ(322億ドル)に上る負債をバランスシートから切り離すことができる。その上で新たな資本を調達し、将来の会社の基盤となる再生可能エネルギーと低炭素事業を構築する考え」
エン・ジャパン株式会社(英語: en-japan inc.)は、東京都新宿区に本社を置く日本の企業。求人情報メディア・人材紹介サービス等の運営を行なっている。 ウィキペディア
時価総額
1,941 億円

業績