新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ざっくりと捉えるとそうだが、逆に言えばしっかりとJITを理解していなかったり、理解していてもリスクを踏まえた運用になっていなかったということ。JITが悪いわけではなく、それをどう使うかの問題。
在庫が薄ければ、普段は在庫コストもかからないし、陳腐化もしない。基本的には良いこと。でもなんでそもそも在庫を持つのかというのは、在庫がなければ適時に作れない・売れないため、効率が悪くなる。だから、生産・販売の適時性を殺さずに仕組みを作ってどれだけ最小化するか、そしてそのプロセスでムダを省くのがJITのものすごくざっくりとした思想。
でも、数万点の部品で組み立てるなかで、いつも流れるようにいかないなんて分かっている。経験則としても震災もあった。そして誰でも作れるわけではないものとか、一度止まったら再度調達するまでに時間がかかるものもある。そういうシナリオのなかでどれだけ在庫をどの領域で持つかは、経営判断。
過去の経験から学んで、その中でトータルのリスクとコストで、どの領域でどれだけの在庫を持ちながらJITをやっていくか、その経営や経営判断の巧拙が如実に出たということだと自分は捉えている。
すると負けた方は、相手に勝たせる偶然でない理由がいつもある、って事なんですかねぇ その偶然でない理由のせいでいつも勝敗が決まるのなら、偶然に勝つ事はあるんですかねぇ (続きは眠れない時にお考え下さい:))

「「勝負は時の運と言うが、偶然勝つことはあっても、偶然負けることは無い」という意味だ。」

この記事もそんな↑感じ? ナマイキ言ってスミマセン

業績