新着Pick
311Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これからのECプラットフォームからのリアル店舗の役割は、実験とショールーム。マーケティング戦略構築の場としての拡張性。
どのようなサービスが受けられるのかでこれからの発展が変わる。

一方リアル店舗でのサービス拡充型
の小売業はリアルの価値を再構築しながらECシフト。

それぞれ目的は異なる。

消費者に対してどのような付加価値を展開するかで選ばれ方もさまざま。


いずれにせよこれからの消費行動はチャネルミックスは加速する。
意味づけが大事。
アマゾンブックス、アマゾンゴー、そしてアマゾンサロン!アマゾンが描く生活エコシステムの未来。さらにはヘルスケアDXや製造業DXにまで本格的に進出。アマゾンの脅威はさらに増すばかりです。
多店舗化は現状考えていないとの事ですが、前提として既存プレイヤーと儲けるポイントが異なるため、AmazonGO然り全く違く切り口をその業界に持ってくるのは大きな影響を与えますね。
ヘアサロンや美容院さらには散髪業界は、安定した業態だと私は思っています。

まず、人間の髪の毛は伸びてくるので、一定間隔で必ず手入れをしなければなりません。

次に、この業界のコストは人件費や家賃等のランニングコストがほとんどで、顧客数に応じて増加するコストは軽微です。
(映画館のように限界費用ゼロ業界に近い)

さらに、ヘアケアをしている時間を上手に誘導すれば、新たな顧客開拓にもつながります。


スキンヘッドのベゾス氏も、定期的なお手入れは必要でしょうし(笑)
へ〜っ、興味深いな!>アマゾン、ロンドンにヘアサロンをオープン--新技術・商品の実験の場に
ヘアサロンにAmazonがトライアルで進出とは。。
切っている間のスキマ時間をECに繋げるという驚異的なチャネル?戦略。
この考えが上手くいくと、止まっていて時間が余った場所で、タブレットを配置できる場合は全てのパターンでこの戦略が当てはまる。

わざわざヘアケアを受けている最中にスマホでEC購入するなんてのとはしないが、"公式にタブレットが置かれてる"ならそれも当たり前な行動になるかも。問題は、プライバシーの部分か。
小売に身を置くものとして、リアル店実証でも先を行くAmazonにいつも刺激を受けます。
デジタル実験店ですね。
ナイキなども行なっている手法です。
デジタル技術の活用可能性模索や、ビジネスモデルのフィージビリティを確認する場。顧客からリアルなフィードバックを得られるのが大きい。
考えてみれば、とてもアナログで人依存性が高いヘアサロンのサービス。

amazonが、最新のテクノロジーを適用したら、どうなるのか?

とても興味深い挑戦ですね。

うまくいく可能性は、とても低いとは思いますが、そこから学べるものは大きいでしょう。

amazonといい、Googleといい、この挑戦への姿勢は、本当にすばらしいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
無人スーパーやコンビニの次はヘアサロン。アマゾンが労働コストの高いヘアサロン事業に参入するとは思えないので、散髪やトリートメント中の顧客の空いた時間を使ってARによる製品紹介などの行動データを取得するのでしょうか。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
180 兆円

業績