新着Pick

仮想通貨の売買と保有が可能に、ペイパルの個人送金アプリ「ベンモ」

Bloomberg
オンライン決済サービスを手掛ける米ペイパル・ホールディングスは、傘下の個人間送金サービス「ベンモ」の一部ユーザーに20日から仮想通貨の売買や保有を可能にする。消費者の間でデジタル資産への関心が高まっていることが背景にある。今後数週間内に7000万人を超える同アプリのユーザー全員がこの機能を使えるようになる。
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Paypalがvemnoでも仮想通貨の売買と保有が可能に。7000万ユーザーにリーチできることに。今後はレンディングやステイブルコインなども出してくると思う。仮想通貨がいよいよキャズム越えへ!Paypayやメルペイ、楽天ペイなども期待!
「顧客の金融ニーズ全てを満たせるワンストップショップ」になるためには仮想通貨の売買と保有機能を取り込む必要があるという時代が到来したようです。経済社会のデジタル化に伴う変化のスピードは予想を超えて来ています。
VenmoはPayPal傘下ですからこの流れは来ると思っていました。クリプトの送付がより身近になりますね。またVenmoのユーザ層とクリプトは親和性が良さそうなので今までクリプトを保有していなかったユーザへの広がりも期待できます。
米国で生活している時に「Venmo」は使っていましたが、Paypalのプロダクトだとは知りませんでした…(お恥ずかしい)

仮想通貨について、クレジットカードや、こういったオンライン決済、送金のインフラ側が、どんどん対応していくことで、社会への受容が進んでいくのでしょうね。

あとは、誰が実通貨との紐付けで、猫の首に鈴をつけるか…という感じです。
ベルリンの壁と同じで、いつかは崩される宿命にありそうですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
需要があるということですね。
「ペイパル・アプリに仮想通貨の売買と保有ができる機能を加えたあと、同機能を使ったユーザーは以前の2倍の頻度でアプリを利用するようになったという。」

業績