新着Pick
549Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
後手後手にまわっている、というのは多くの人の実感でしょう。経済を優先するというのであれば、ワクチン接種は飲食業や小売など、人の集まるところに従事している人を優先するという手もあります。中国では、高齢者よりもビジネスパーソンを優先しているようです。

https://www.ncblibrary.com/posts/44301
なんで緊急事態宣言なのに、医療キャパ拡大のための施策がないのか理解に苦しむなあ。医療機関を増やす(ためにお金を出すetc)、家庭内感染を防ぐための施策(昨年安部総理がやったアパホテル施策など) は全然見えてこないし。

あと飲食店も大事かもしれませんが、昨年言われていた「接待をともなう飲食店」や風俗についてはどうなっているのか。
うんざりしている多くの人の気持もわかる一方、医師100名が辞めていった東京女子医大は看護師さんたちも大変なことになっています。

https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2021041709262?playlist_id=30ef6a51-2fc4-4820-8945-f7bc0410dcfb

ここを新型コロナと闘う最前線にしようと重症患者を受け入れて治療にあたっているというのに、病院経営は悪化、昇給なし、ボーナス半減と正直者がバカを見る状態になっています。

もはや「使命感」だけではどうにもならない状況にまで追い詰められています。我々ひとりひとりが感染しないようにしないと。
世界全体や他国の状況はどうか?下記で見てみた。

感染者数:世界全体ではピークを越えてきた。足元で一気に増加しているのがインドで、20万人超/日で、カーブの形を見ても米国のピークを越えてきそう。米国は1月のピークでは25万人/日だったが、足元は7万人/日弱。欧州はフランスやドイツが増加基調だがフランス3万人(昨年11月ピークでは4万人/日ほど)、ドイツ2万人といった水準。イギリスは2500人ほど(1月のピークでは6万弱)。日本は4000人ほど。

死者数:世界では1.2万人/日ほど。1月末ピークでは1.4万人だったのでそれよりは低いが3月半ばから反転増加傾向にある。米国は1月末ピークに3000人/日ほどだったのが700人/日ほどに減少する一方で、インドが1200人/日と増加傾向。

ワクチン接種のペースや、累計の接種率なども出ている。これはワクチン外交・戦争の側面もあれば、広がっているところではより可及的速やかに摂取しないと押さえられないことの両面があると自分は思っている。

https://ourworldindata.org/coronavirus/country/japan?country=JPN~OWID_WRL~USA~GBR~ESP~ITA~IND~DEU~FRA
他でもコメントしましたが、

他にできることもあるはずなのに、何故いきなり全体でシャットダウンなのか
思考停止にしか見えない
どこに問題があるのか?を分解して考えて、打ち手を出すのが問題解決の基本です

対策をしきれていない個人の行動のために、全体が犠牲にならなければならないのは何故なのか

他国が経済回復に急速に向かう中で日本は的外れなことをしているように感じます
感染追跡、大規模なPCR検査、病床拡大、ワクチン接種。。。これらの対策はどれも徹底できていなく、中途半端な状態だと、「緊急事態宣言」の行動制限しか施策が打てない状況になっています。

「感染拡大防止」と「経済」の両立はもう幻ですかね。。
無策が続いた結果の3回目の緊急事態宣言、ため息しかでません。

個人経営の飲食店経営者は2回目の1日6万円の給付金でバブルが来ましたので問題ないとして、真面目に時短経営してきた中小飲食事業者は、1年前の緊急事態宣言で融資を受けた融資返済が始まり、返済どころか自身の生活すら賄えないところも出てくるでしょう。
事業規模に応じた救済の仕組み化を今回こそ実施して頂きたいです。

経済を動かしながら感染予防は不可能だと誰もが解っているのに、この最悪の事態の中、オリンピックに税金を注ぎ込み開催を目指すのか?
この国が利権に塗れて権力を握ってきた老政治家が牛耳っている国だからでは無いか、と思わずにいられません。
政府は緊急事態宣言を何のために、コロナの流行防止の先に何を見据えてやっていたのかが分からないですね。
結果論ではありますが、短期的な目線としての感染者数の削減での取り組みしか考えておらず、長期的な目線として東京オリンピックを確実に開催するための取り組みが欠如しています。
2度目まだならまだしも、3度目の緊急事態宣言に至るとは、日本の政治力が心配です仕方がありません。
2回目の時も書きましたが「緊急事態」の対応が複数あっては意味がないと思います。
前回はここは休業にせず今回は休業となると宣言の印象が全く変わる。
宣言自体のブランディングが全くなってない。
結局、自分達(お国)のための政策なんでしょ、と思ってしまいます。
何を目的にマンボウを発令するのか、単に感染者数を減らすために出すのではなく、その先の先まで考えて政策を発案して欲しいものです。
医療現場がどうなっているのか、エラい方達は、もっと見て考えたほうがいい。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。