新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういう記事に載る保護者のコメントを選別する基準ほど当てにならないものはない.また,どんな質問を投げかけているのかも気になるところ.
「はじめに求めている答えありき」な質問をしている可能性すらありうる.

本来なら「コロナ感染者が増える中,子どもが学校では勿論,登下校で感染したら怖いと思っていたので,オンラインはありがたい」みたいな対極的なコメントもあっていいはずなのだが.

少なくとも僕の周りにはそこそこそういう意見も耳にすることがあるということだけは伝えておきたい.
大人がリモートワークを徹底できないのに子供はやれというのは謎極まりないを超えて単なる非道だと思います。
今後もオンラインの自宅学習は継続的にある。国も自治体も親も、家のデジタル化を進めよ。ITインフラの水準を上げましょう。子供のために。
友達や先生と対面で会えない、校庭で遊べない、給食が食べられない…。影響が計り知れません。
また、子どもたちが学校に行く前提で、会社勤めしている親御さんも多いと思います。

それにしても、教室でただ一人講義している先生の佇まいが何処となく寂しそうです。
学校閉鎖でも学びをとめない環境を作るという意味でも、文科省のGIGAスクール構想で小中学校にタブレット配備するための補助金が大量に出たのだと理解しています。リモート学習が定着しないのであれば、その原因はおとなの怠慢にあると思います。
一方で、対面学習の環境を用意しておくことはとても重要です。小学校であれば一人PCの前で集中して作業するのが難しく親のサポートが必要になります。子ども目線で学習集中できる環境や、その環境の選択肢を用意することは大人がやるべきことだと思います。

---
「基本はオンラインになりますけど、どうしても自宅で過ごせない環境にある家庭については、学校は開けてますから学校でしっかり見守っていくということ」
質の低い教師による授業なんてどうでもよくて、生徒通しのコミュニケーションとか、何やかんやのイベントを通した思い出作りがコミュニティとしての学校の役目。先進アピールしたいだけの首長が無駄にリモート化を進めて、鬱になったり再開後に不登校になる子を増やすだけ。犠牲者は子供たちです。
共働きなどだと柔軟な対応がどこまで出来るのか…
リテラシーや小中学生がそもそも家で集中できるのかということもあり、社会人のテレワークとは状況が異なり先生方大変そう。。