新着Pick

今年のGW、最大11連休なのに…76%「自宅で」過ごす

読売新聞
今年のゴールデンウィーク(GW)は、平日3日間を休めば29日~5月9日の最大11連休になる。市場調査会社・インテージ(東京)が今月2~5日に15~79歳の男女2660人に聞いた全国調査では、「5日間以上休める」と答えた
47Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大きな流れはそうだとしても、人が動かなければ成り立たない事業だと安心して消費してもらえるための企画作りとプロモーションは準備・展開中です。自粛に粛々と付き合って解雇や倒産しても誰も助けてはくれないので。
まあそうなるわな。。。。

このデータみて医療従事者、コロナ対策従事者は何を想うのかですね?

家でじっとしてろ。こっちは大変なんだってところなのか?
この状態をどう変えていこうと考えられるか?

データ=That's rightは誰でもできること。
データから仮説思考へ、データからその先にある人々の何を感じとるか。

そんなことを考えてこの「つまらない」、「誰も幸せにしない」情報を読み解くと良いと思います


比較的従順な
まあ好きにしましょう。適切な感染対策さえ取れば、無能な首長の言いなりになる必要は全くない。夜制限されて満員の都内飲食店で昼飲みをする(マスク飲食とやらだとしても)のと、郊外へ出かけて人の少ない場所で観光するのが、どちらがリスク低いのやら。個人的には自宅でじっとしているより、経済回す方がよほど大事なことと考えているので、私は前者も後者も応援しますが笑
わずかな数ではありますが、経済よりも高齢者の命が重要な方はじっと家で過ごしましょう。風が吹けば桶屋が儲かるので、その小さな行動が一つの命を救うこともあるでしょう。一方で、経済回す活動も別の人の命を救う可能性があります。お互いの行動は否定せず、自分の信念に基づいて行動したいですね。