新着Pick
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社(JX通信社)がワクチン接種の時期を予測するために行っている自治体向けの調査でも、ボトルネックはワクチンの供給だけでなく、実際に接種するためのロジにもあることが見えている。

接種にあたる医療従事者が不足している自治体が多くあるほか、手配できていてもその医療従事者自身へのワクチン接種が遅れていることで今後の第4〜5波で接種作業が遅延する恐れもある。

首相や河野大臣の言う通り、ワクチン自体の供給が9月に済んだとしても、接種が同時期に終わるというのはかなり楽観的な見通しと言わざるを得ない。下村氏の言うように、越年し春にかかる可能性も大いにある。
「医療関係者の協力が足らず」とはどういうことでしょうか?

この非常時なのですから、経営の負担にならない範囲で開業医等にも一定程度の協力義務を課しても良いのではないかと思います。

歯科医師のワクチン接種も大々的に認めるべきでしょう。

医師会が裏で足を引っ張っていると言う意地悪な印象を持つのは、私だけでしょうか?
なぜ、こんな大切な話が、政府ではなく党から出てくるのか?政府は、党に話す前に、国民に向けてきちんと説明すべき。
単純なお願いです。

推定の根拠を明らかにして欲しい!

ワクチン供給数、接種対象者数、接種数の、日別、又は週別の予定推移表を見せて欲しい!

そうでなければ、信じられない!
単なる第六感なら黙って欲しい。
それこそ、「風説」だ。
政府=与党間で、詰めた話が出来たうえでのことかどうか。
まあ、菅総理が直接交渉したファイザーワクチンにしてもあくまでもメドが立つという、政治家の検討しますと同じぐらいあやふやな状況。供給面や本当に頼りないロジスティクスを勘案しても、一般市民の年内のワクチン接種は厳しいと思ってましたが、まさかの高齢者も年内は厳しいと。。一般市民は来春。。
これは間違いなく今冬のたぶん第5波も、残念ながら今年の年初と同じようになりそうですね。。残念ながら。
いい加減、平時の考え方はやめて、逆算的にどうすればたくさんの人に迅速に接種できるか考えるべきだし、そもそも論として、やはり新型コロナに対する医療体制の拡充を迅速にしないと堂々巡りが続く気がして、不安でいっぱいです。たぶん、現状のように、何でも市民の緩みのせいにしそうですから。。
ワクチン担当大臣とは。日本の政治家って自分の集票のことばかり優先で、作られた体制には従わないですね。情報は河野さんから一元的に出されるべき。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア