新着Pick

日米など21か国に進出 中国フィットネス機器「Honbow」が数十億円調達 IPOも視野に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国ではここ数年、従来の太極拳のような健康維持法と異なり、筋力アップや体形維持を目的としたフィットネスブームが急速に広がっています。

数値を見ていくと、2020年末で全国のフィットネスクラブは4万4305店を超え、会員数は総計7029万人に達しました。
また、会員の年間支出額は83%が3000元(約5万円)以内となっております。

中国で健康法や運動と言えば、早朝の太極拳、公園で見かける蹴鞠(けまり)のような羽根蹴り遊び、集団で踊る「広場舞」などが代表的で、他にも薬膳料理やマッサージ、はり・きゅうなど「健康的に長生きする」ものが主体でした。

中国では男性を中心に、やせているより太り気味の方が「頼りがいがある」イメージがあり、太っていることはむしろ魅力的に映ります。

しかしながら、最近の20~40代は太極拳や広場舞に「古い」「ダサい」イメージを持ち、旺盛な消費力を背景にフィットネスで「鍛える」「体を美しく保つ」スタイルに変わってきております。