新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この中で、トヨタのEV戦略の一端が公表された。EV専用プラットフォーム「e-TNGA」をベースにするCクロスオーバーSUV「bZ4X」を発表、2022年央に市場で発売へ。2025年までに15車種のEVを導入し、その内7モデルに「Toyota bZ(ビヨンドゼロ)」のサブブランドを提供する方向だ。

以下、前田CTOの発表シーン。
https://www.youtube.com/watch?v=l7DIIEk23Zg
この部分が欧州との大きな差であり、鍵の部分です。

欧州は「EV一択」ですが、中国は「HVを含むEV」です。

そして、中国企業は、自動車業界もIT業界も、みんな「これから生まれてくる巨大なEV市場」への参入を目指します。

(以下、記事中から引用)
政府は脱炭素化に向け35年までに全てのガソリン車をハイブリッド車(HV)やEVに置き換える方針。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
混んでますねぇ
各社なぜSUVのEVばかりリリースするのでしょうか。片や保護主義傾向にある欧州(EV限定)といろんな意味でハイブリッド(EVとHV)を謳う中国。マーケットの規模も全く違い、日本としては引き続き中国大陸での覇権に邁進するのは必至な気がします。

政策と方向性が決まればとんでも無く早く展開可能な中国、個人的には米国と肩を並べて追い越す局面も垣間見えるようでいろんな姿勢やリアクションがあると思いますが個人的には楽しみです。