新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事には、同社のオーストリア担当マネジャーの発言として、3つのことが書かれています。

1 変異株に対する研究開発
医薬品の研究開発として取り組んでいるという内容で、現在行っている方向性を話しています。すでにワクチンを発売している企業なら、次に取り組む方向性として至って自然です。

なお、承認がとれているワクチンと同種の製造法で製造する場合、変異株に対する改良を加えても、新規で臨床開発をする規定を外し、数万人規模の臨床試験までは新たに必要ないとの指針が出ています。

2 発売中の新型コロナワクチンの供給
同社のワクチンは、一時、供給不足と伝えられていましたが、今回のインタビューでは3億回分のワクチンを供給契約の履行には問題ないとの見通しを語っています。

3 接種リスクについて
接種の恩恵が接種のリスクを上回ると考えていることが意見として話されています。

記事は、企業の見解に基づくものです。

業績