新着Pick
4218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
endless discovery(終わらない探求)を訪日観光のテーマに掲げる前は、affordable Japan(お得なニッポン)を掲げていた時もありました。ほんと、外国人から見ると、500円で美味しくて安全な外食ができる国はありません。
発展途上国では、もっと安いところもあるけれど、お腹を壊しますからね。(^◇^;)

日本は給料があがらず、その割に人口が大きく市場が大きく、飲食店も90万店舗とかあると競争も激しく、価格は安く抑えられます。

この安いのに高いクオリティがコロナ禍前の外国人観光客を惹きつけてきた理由の一つですし、食べ物など消えものでなければ、さらに消費税免税されて、10%さらに安く買えますし。

記事では時価総額ランキング、トップ10までが紹介されています。ここを30に拡大しても、上位顔ぶれは、ほとんど変わりません。
平成の失われた30年のうち、国内の時価総額ランキングトップ30に、新しく登場した、企業は2社だけであり、
それは、リクルートとソフトバンクです。

どの社会も成熟するにあたり、労働従事者の産業分野が、一次産業→二次産業→三次産業とメインが推移していくのですが、
日本は高度経済成長期の二次産業の発展、モノづくりニッポン、から、三次産業へのシフトがうまく行かなかったと思います。

アメリカは自動車産業などからGAFAMなどの三次産業中心にシフトしました。

日本の経団連の顔ぶれは…というところでしょうか。
インフレ率のチャートを見れば分かるように、各国の分散が明らかになくなっており、大体が0-2%に収斂しています。これは購買力平価上、円高圧力が緩和していくことを意味するわけですから、当然、円安の下、体感する海外物価は高く感じるわけです。日本人にとって海外の財・サービスの割高感が増しているという背景には、他国でもディスインフレ状況(停滞)があるという事実もあるわけです。

為替レートは対外価値を、CPIなど国内物価は対内価値を示すものであり、表裏一体ですが、日本人は(大体の人が盲目的に)円安を好む割には、こうして内外価格差の話になると悲観的になるというのは、複雑な話です。もっとも、日本の物価環境について動きがとりわけ鈍いのは事実であり、私はそれはやはり強固なジョブセキュリティの下で賃金が硬直的になっているという側面は小さくないとは思います。
高校生、大学の教養課程の学生などに是非読んで欲しい記事。とても分かりやすくまとまってる。と書いてから気づいたが、彼らは2000年以降に生まれ、まさにデフレ時代しか知らないという事実。

海外旅行と言えば「安いから」と爆買いしていたのも今は昔。日本は物価高い!というバブル末期に突如現れたダイソーの100均は、その2年前、バブル真っ只中に初めて導入された消費税に代表されるように常に「値上げ」に見舞われ続けた日本人にとって正義だった。「激安の殿堂」ドンキホーテが第一号店を構え、多店舗展開を始めたのも、恐らくこの時期だ。

消費税が10%へ騰がるタイミングでうまく本体価格を値上げ出来れば良かったが、結局出来たのは内容量を少なくするなどでの原価調整による実質値上げのみ。それでも「高くなった」とボヤく消費者。給与が上がらないわけだから、その気持ちも分からないわけでもない…。

まあそういう話を様々なデータで示してくれる本記事。次回以降は、例えば、デフレ脱却に向けたこれまで取られた手立てとその効果に関する考察など、さらに突っ込んだ議論を期待したい。
購買力平価ベースではなく、実際の市場レートベースで見ると、まだ日本の一人当たりGDPは韓国に抜かれてませんので、ここは色々な見方があると思います。
あと、日本の物価が長期停滞している理由として、デフレの衝撃と給与の停滞・減少はそうだと思いますが、変わらない産業構造は微妙だと思います。
というのも、日本のデフレはマクロ安定化政策の失敗による需要不足の長期化だと思いますが、産業構造はサプライサイドの問題であり、むしろデフレの理由というよりはデフレ長期化の結果だと思います。
このあたりをどうにかしてみたいが、私が起業した一つの要因です。
テーマは日本を諦めない。

東京も世界から見ると、ただの大陸の東の端の地方都市とも言えます。その小さなコミュニティで、国内のさしあたりは生きてはいける需要にサービスのフォーカスを当てると、世界は何も変わりません。

王道にスモールスタートして、一つづつ確認して、小さく当てに行くなら最初からやってない。
今、何人かクレイジーなチャレンジをしている人たちがいます。私たちが成功すれば嬉しいですが、誰か大きな成功のロールモデルを一日も早くつくった方がいい。

金融政策でどうにもならないことは実証済み、財政政策も一貫性なく、自分たちのことは自分たちで守るしかありません。
デフレがいいとか悪いとかの議論はtoo late。
過去は学びつつも、未来を歩みましょう!
子どもの頃は、毎年、モノの価格が値上がりしていた記憶があります。ちょうど就職氷河期世代のあたりが、日本のインフレを体験したぎりぎりの世代ではないでしょうか。しかしもはや、20年超にわたって「安さ」に浸り続けているので、安いことが当たり前になりました。

第二次世界大戦後、ある程度経済発展をした国で、長期間にわたってデフレを経験した国は、おそらく日本だけでしょう。そして、だんだん、他の国でもインフレ率が低下する傾向があります。つまり、「安さ」の先に何が起こるのか、日本が世界で先頭に立って体験しているわけです。それはいったい何なのか。特集で考えていきます。
直近10年間で7年を香港とシンガポールに住んで帰ってきて感じるのはまさにこれで、日本の安さは衝撃。特に外食の品質・サービスと価格のバランス。

飲食店は、「原材料高騰を吸収すべく努力しましたが、万策尽きて値上げに踏み切らざるを得ないことご理解ください。つきましてはせめてものクーポンを。。。」みたいな詫び状を貼り出さないと値上げできなかったりする。香港やシンガポールなら、値段貼り替えておしまい。周り中しょっちゅう値上げしてるから、気にもしない。

積極的に値下げしているわけでなくても世界にじわじわ置いて行かれているこの感覚は、海外との人の往来がコロナで減って更に感じづらくなっているのかも。
淋しくはありますが、実感に照らし全面的に同意です。化石になったオッサンの繰り言と揶揄されることを覚悟で実感を語るなら・・・ (^^;
私が1992年1月に始めてニューヨークに駐在した当時、ドル円相場は125円前後だったと記憶していますが、1ドル80円から100円くらいの感じで使えるね、なんて話していました。日本で125円するものが、米国なら80円、100円で買えるというイメージです。高級とされるレストランも本当に気軽に行け、ピザとコーラ程度の昼食なら1ドル台で食べられました。ニューヨークに限らずパリでもロンドンでもブランドショップでは日本語を話す店員さんが丁寧に対応してくれました。
時が移って最近は、ニューヨークでもパリでもロンドンでも1万円札が5000円から8000円程度の価値しかないんじゃないかと思うことがしばしばで、ブランドショップに日本語が話せる店員さんがいることもめっきり少なくなりました。別の意味で1ドルが80円程度の価値しかないと感じるのが昨今です。つまり、110円払って1ドルを手に入れても、日本で80円程度のサービスしか外国では受けられない感じです。
昭和の後半から平成の初めにかけて、日本人が無茶苦茶働いて製造業の強かった時代、為替相場は極めて輸出競争力の強い電気製品や自動車が作っていたように感じます。だから円の相場が相対的に高く、円が強いから海外に出ると何でも安く感じた次第。ところがいま、良かれ悪しかれ日本人はかつてのように我武者羅に働くことはなくなりましたし、産業構造の転換に乗り遅れて生み出すモノやサービスの競争力も弱くなり、ただでさえ落ち気味の円の価値を金融政策で更に落としています。円がすっかり弱くなったため、海外の物価を高く感じるようになったのです。1990年代のはじめころ、日本でアジアの観光客の姿をみることは稀でした。しかし、アベノミクスで急速に円安が進んだ2013年を境にアジアからの観光客が急速に増え始め、新型コロナ禍の直前は、日本中どこに行っても、韓国語、中国語は言うに及ばす、いろんな言語が飛び交う状態になったのです。これも弱くなった円のなせる業。
日本は未だ世界第3位の経済大国、というイメージを抱き続けて語る人が多いですが、真摯に現実に目を向けないと、既に先進国のBクラスの日本が本当に貧しくなってしまうかも。(^.^)/~~~フレ!
1番目のデフレの理由がデフレというような説明はちょっと腑に落ちず、3番目の理由、産業構造改革の遅れがどういう理屈でデフレに結びつくかも理解しかねました。

デフレの根本理由は日本経済に成長コンセンサスが不在でシュリンクコンセンサスが存在することと理解しています。将来成長しないから個人も法人も消費せず、投資する資金も乏しくケチケチせざるを得ない極端に購買性向も投資意欲も低い国、したがって新たなビジネスも雇用も価値も産まれず、よって社員にも株主にも配当性向が低くさらに貧乏に、というスパイラル。

また長期的な資産安放置、不良資産処理過程、財政金利など、マクロ政策や政治判断の失敗もかなり大きかったはずです。

前半のビッグマック指数的な比較は面白いですが、後半はこのテーマなら専門家にもう少し監修してもらわないと厳しいのではという感想です。
ドンキホーテがシンガポール、マレーシア、タイで快進撃を展開していますが、日本製品(産地は日本以外だったとしても日本企業による企画製造含む)が欲しいというニーズがあることに加えて、高品質で安いというのもあると思います。

20年前にマレーシアにいたとき、日本からの輸入品は高かったがですが、今は手ごろ価格です。背景には物流コストの低下、仕向国での需要増といった要因も影響していると思いますが、マザーマーケットの日本での価格が上がっていないことに対し、これらの新興国では物価上昇が続いていて、相対的に安く感じることは影響していると思います。そこに加えて物流コスト低下と需要増という要因が拍車をかけているのではないでしょうか。

なお、ダイソーの事例については、日本が安いのはマザーマーケットであることが主因の可能性があります。詳細は承知していませんが、生産が中国だったとしても、いったん、日本に集約した方が規模の経済が効いて最安価格、そして海外に輸出してその分のコストが上に乗るとい可能性です。あるいは、産地から市場へ直送している場合でも、バルクで最も量が出る日本が安くて諸コストを抑えることができ、他方でその他の仕向地はそこまでの量が出ないため高くなる、あるいは物流面で課題がありコスト高となるという要因も考えられます。それでもなお、根底には日本の物価安、100円でそこそこの品質のものを売ってもうけが出る、という背景があることは影響していると思われます。

シンガポールのダイソーは160円ですが、日本で200円の値札が付いているものも160円で買えるという嬉しさはあります(笑)。

他方、格差の激しい新興国を専門として思うことは、低所得の人たちは物価の上昇が直撃しており、非常に厳しいということ。物価上昇はマクロ的には経済成長につながっていますが、物価が上昇しても給与があまり上がらない人々や貯蓄の少ない低所得者の人たちのセーフティネットも考えていく必要もあると思われます。インフォーマルセクターで働く人は、必ずしも、物価上昇に連動して収入が上がるわけではありません。そしてこれを放置すれば政治や社会的に大きな変動にインパクトを与える可能性があります。