新着Pick
671Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
大学教授という経歴がスタートアップ支援のファンド創設につながったのでしょう。学生ベンチャーへの助言は、中退せずに卒業はしなさい、というもの。そしてスタートアップのためのコミュニティを作り、お互いに助け合うというシステムを構築しました。

単なる儲け主義ではなく、教え育てることを楽しみにしているようです。
人気 Picker
かなり衝撃でした。現在、78歳になるこの投資家は、40年にわたってさまざまなアイディアを形にしてきた、発明家のような存在です。

1982年にルネッサンステクノロジーズという、人類史上で最も稼いだといわれるクオンツファンドの運営会社を、ジム・シモンズという天才数学者と一緒に立ち上げます。

1996年には、たくさんのインターネット企業を生み出した、アイディアラボというインキュベーションの元祖を、創業時から後押しします。

そして2004年、ウラウド化やサーバーの価格低下などによって、スタートアップが圧倒的に安く、簡単に始められる時代になったことをいち早くとらえて、シード投資(創業期投資)の専門ファンドをつくります。それが、インタビューで語ってもらっているファースト・ラウンド・キャピタルです。

Uber、Roblox、Squareから、notion、superhumanまで、金の卵をゼロから育てる、シード投資ファンドのパイオニアの秘話を、ぜひご一読ください。
年齢は数字に過ぎない、そうなのですが、確かにそうなのですが、もうキレッキレの論の展開に非常に感激しました。

一つでも大変な起業を連続で立ち上げ、さらにファンドも立ち上げ、ジャグリングのように興味のあることを回していくのがすごい。一体どんな時間の使い方をしているのか伺いたいです。

記事の中に出てきた「アイデア・ラボ」を立ち上げたのビル・グロス氏も、面白そうなアイデアを次々と別のチームに起業させ、さまざまなスタートアップを創出しています。

https://newspicks.com/book/1998/article/4638086?ref=book_1998

類は友を呼ぶ、似た人たちが集まっているのですね。シリコンバレーのトップ1%は互いが繋がって、さらに濃い関係ができていくということが非常によくわかるお話です。
"コミュニティ"の大切さについて、日本でもここ数年より言われる様になってきましたが、Role別のコミュニティはよりお互いの立場の理解があるからこそ、互助が進むのでしょう。
Googleにも卒業生のコミュニティがありますが(現役の社員も入っています)、採用や出資の相談をはじめとして、日々様々な相談が飛び交っています。
とても面白い。Renaissanceについての言及があったので、クオンツ→VCといったのかと思ったら、昔はRenaissanceはVCもやっていて、そこのトップだった方。下記記事に詳しい。
https://www.efinancialcareers.com/news/2017/10/renaissance-technologies-secrets-to-quant-hedge-funds-vc-career-success
ハワードはまるで4つ、5つの人生を送ってるような人だと思いました。ファーストラウンドキャピタルを設立したときには60才を超えていたかと思いますが、彼ほどの人脈があればもっと楽に投資ができるスキームも取れたと思いますが、彼が取ったのは泥臭くスタートアップを支援するシード・アーリーステージフォーカスのVCでした。

六十歳を超えたこの領域のベテランが、過去のリソースや人脈を総動員してイノベーションに関わるというのがアメリカの底力を示している気がしました。イノベーションは若者だけのものではないということを改めて感じました。
創業期にフォーカスして少額の投資やアクセラレーター(創業期企業の支援プログラム)をする投資家や企業は国内外でも有名なところが多々ありますが、Firstroundほど大型の投資ができて、長期で我慢強く株式を保有し続ける企業はほとんどないように思います。

記事内には出てきませんでしたが、最近はエンジェル投資家のプラットフォームを強化しようとしているように感じます。
「信頼できる」エンジェル投資家のリストも無償公開し、その後、エンジェル投資家による支援プログラムも運営しています。
https://angeltrack.firstround.com/meet-the-angels

それらができる背景はこういうことだったんですね。
ちなみにRobloxのIPO時に投資メモを含めた、以下の記事を公開しています。
ぜひ読んで欲しいです
https://firstround.medium.com/reflections-lessons-learned-from-roblox-after-more-than-a-decade-of-partnership-da3cd9279f5e
ハワードモーガンは何人分もの経歴といっても良いほど伝説的な経歴を持つ投資家です。彼がこのような形で日本のメディアに話をしてくれるのは画期的だと思います。

ルネサンステクノロジー、アイデアラボ、ファーストラウンド、ドームルームファンドそれぞれ全く別の画期的なファンドで共同創業者もジムシモンズ、ジョッシュコープルマンなど彼らも伝説的と言って良い面々です。インタビューを通じてご理解頂ける様にハワードの果たした役割はジムやジョッシュのような異才の能力をいち早く認めて彼らをある種のプロデューサーの様にサポートする能力なのではないかと思います。この点、本インタビューのインタビューワーであるフィルとも通じるところがあるのでは無いかと感じました。
8歳のプレゼンにより、投資を決める。
たしかに、自分である考えるよりもずっと、将来性を見通す意見がある聞けるかもしれない。
ターゲットが自分と異なる領域内では特に、寄り添い、傾聴することが必要かもしれません。

「クリスは8歳になる息子マックスを連れてきたのです。
そしてロブロックスになぜ投資すべきか、どれほど魅力的か、我が子にプレゼンテーションさせたのです。絶対にこのスタートアップに、投資すべきだと」
日本のビジネス界にとってもヒントが色々とある記事でした。まずはスタートアップ資金が昔に比べて今は格段に低くなっているからシード期に特化したベンチャーキャピタルが成り立つという点。もちろん事実であり、日本でも数多くのスタートアップが立ち上がっている。注目したいのは「何故」というポイント。シェアオフィス以前にテクノロジーコストが何十分の一になっている。そしてこの現象を有効活用出来るのは、スタートアップだけではない。何ヶ月も企画に時間を費やし、何十億の初期投資を検討せず、大企業もその企業文化(カルチャー)さえあれば、巻き返しの種に時間と労力を投入できるはず。広範囲の大衆に売る術とネットワークを保有しているので、今必要なのは失敗を繰り返して辿り着く小さな面白いアイディアだろう。

CTO同士の協力的な姿勢と実際の事件は興味深い。自然とこのようなコミュニティが出来にくい日本ではそのような場を積極的に作っていかないといけないかもしれない。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。