新着Pick
286Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
就職できた場合のみ受講料を払えばいい。なおかつ、受講料は一括払いではなく、毎月給与の5%から9%を4年間で。

ソーシャルファイナンスと職業訓練学校、そして個人の3者間での合意によって成り立つ成果連動型ビジネスモデルです。雇用ニーズが強く賃金が高い職種が前提ですね。
人へのリスクマネーの供給。それによって先立つお金がないことによる機会損失や再投資が回らないことを防ぐ。奨学金などもあるが、日本でもこういう仕組みをもっと充実させるにはどうしたらよいのだろう。
成功報酬の職業訓練
その後、就職したかとか、年収がいくらかをどうやって把握してるのか、あくまで性善説なのか気になりますね
企業側から紹介フィーをとれば人材紹介ビジネスの進化という感じで確実に捕捉できますがそういうモデルではなそう
仕組み自体は奨学金と似ていますね。
職についている時にしか支払い義務は発生しないなど、奨学金よりはるかに良い制度だと言えますが。
スクール事業の「本当に必要な人は金銭面が影響し受講できない」という不がうまく解決されているのではないでしょうか。
もちろん、適用できる職種は限りはありますが、とても良い取り組みだと感じます。
>> 就職後に所得の一定額を受講費として支払うというもので、年収に応じて5%から9%までの幅がある。月々の支払いは4年間続き、職を失った場合には支払いの義務はなくなる。
「就職後に所得の一定額を受講費として支払うというもので、年収に応じて5%から9%までの幅がある。月々の支払いは4年間続き、職を失った場合には支払いの義務はなくなる」

代金の回収率と代金回収の法的強制度がどれぐらいかが気になります。NPOですので良心に基づいて最低限回収できれば寄付などで成り立つのかも知れませんが、利益をあげてビジネスとして持続できると世界の貧困を撲滅することが可能になると思います。
AはBに与える。BはAに恩を返すのではなくCに与える。CはAやBに対して恩を感じながら、つぎの世代へ自分の知識を伝えていく。そして社会は互いを思いやり、自然に後進が育ちやすいポジティブな循環が生まれる。理想です。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
100 兆円

業績