新着Pick

「物言う障害者」に攻撃が殺到する背景 西田亮介氏が語る「冷たい日本社会」論

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
134Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
一部のやばい人は障害者だろうが健常者だろうが存在する。この方は障害者における一部のやばい人なので叩かれた。極めて自然な話な話。それとも、障害者は全員が優良で健全な方だとも?

私はこういう弱いものは正しいということを根底の価値観においた方の主張には、すさまじく違和感をおぼえる。強いものも弱いものも等しく間違えるのだ。
人気 Picker
昨年健常者→身体障害者になった者なので、元健常者・現障害者としてコメントさせていただくと、まず、健常者だった私含め、世の中は障害者含めたマイノリティーの方々への配慮や理解、知識が圧倒的に不足している、というのは間違いないと思います。
日本社会が冷たいとかいう問題ではなく、究極、人間というのは「当事者」にならない限りはその人のことを理解できない、それは悪いことではなく仕方のないことだと思うので、マイノリティーから問題提起して、社会に対して理解を求めていくことは必要なことだと思います。

ただ、今回のケースについては正直、問題提起ではないと思います。
JRの職員の方々にサービス精神?はなかったかもしれませんが、法律に違反してるわけでもないですし、結果的にちゃんと対応までしてくれているのに、自らがある程度の影響力があると知っていながら煽りタイトルで記事をあげるのは問題提起ではなく公開処刑です。

JRも営利団体ですし、法律で決められてる範囲で努力をしてると思いますが対応できないこともあります。
でも、企業ではカバーできないときのために、障害者には、福祉タクシー券が一定金額分配られたり、タクシーには障害者割引があるわけですよね。

AbemaTVで伊是名さんがお話されてるのも見て、おっしゃっていることも理解できなくはないですが、障害者にも人間らしく、平等に生きる「権利」があるのと同時に、社会の一員として、営利団体への理解、健常者への理解をする「義務」がある、という意識を持っていただきたいなと思いました。
塚ちゃんの書いた記事だ。
批判と誹謗中傷の境界は難しい。