新着Pick
749Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
難しいがやっていかねば。廃炉はできる。時間をかければ。時間をかけるということは、お金も人も必要。最低100年という単位で引き継ぎながらやらねばならぬ。人ひとりが生きる時間より長いとは。やり切るには壮大なビジョンが必要。しかも希望とセット。東側海だしロケットの基地とかにしてはどうか。それか、放射線系の研究施設。
人気 Picker
福島第1原発の廃炉について取材しました。

困難な課題が山積していますが、最大の問題はやはり「完了後の姿」が示されていないことかと。しかも決まっていないのにロードマップで終わりの時期を示すのはおかしい。幅広い議論をしてゴールを定め、費用を含めて検討すべき時期だと思います。

一方、解析で推定される炉内の様子は興味深かったです。1〜3号機で事故の進展の仕方がそれぞれ違うので、一口に「燃料デブリ」と言ってもかなり多種多様であることがよくわかりました。
こうやってまとめてもらって凄くありがたい。これは誰もが知っておくべき必須知識。ちゃんと理解して未来に残して行かないといけない。

そもそもエネルギー政策で国が推進していた際も、「廃炉」については大きな課題であった。なぜならば経験や実績がない上に、一回のサイクルが50年と長期であり、実験するにも、実証するにも、人のビジネスサイクルよりも長い「廃炉」は大変難しい問題だからだ。

ロケットでアメリカの巨大ロケット・サターンVというアポロ計画の際に作られたロケットがあるが、これも当時のエンジニアがいなくなった今、記録だけを見てももう作れないと言われていた。実際に作ったものですら、これだけ大型で長期開発が必要なものは、細かいすり合わせの賜物であり、そのノウハウを引きつづことは極めて難しい。

直接廃炉のプロセスについて現状について私は全く知らないのだが、きっと最前線で働いている方は、人や地球への危険を最小にすることに最大の神経を払いつつ、未来の残すためのプロセスをしっかりとやっていらっしゃるに違いないと想像する。とてつもない責任とプレッシャーだと想像する。それを考えると、我々は外野からとやかく言ってノイズになってはいけないし、間違っても焦らしてはいけないように感じる。

最低限我々にできることは、この大変さと深刻さを正しく理解し、それを少しでも広めて正しい未来への財産とすることではないか。終わったことと片付けるのではなく、継続的に勉強し続けなければいけないと思う。
ゴールはあるので、ちょっと見出しはミスリーディングな感じがするが、そのゴールに至るまでの道筋と、ゴールにたどり着いた後どうなるかということがはっきりしていない、というのが問題。
事故の構造をシンプルに理解しようとすると、
・原子炉は湯沸かし器みたいなもので空焚きして爆発して、燃料棒が原子炉に落ちた。また使用済み核燃料も原子炉にある。
・これらを回収するには常に冷却が必要で、従って水が必要。その水が原子炉に触れたり、雨や地下水と混じったりで汚染されるので膨大な処理と貯蔵が必要。

それで今回汚染水を処理水にして海洋放出する。

このタンク群を現地で見た時あまりに膨大で、この延長で貯め続けることを想像すると本当に途方に暮れましたが、ただ記事を読むとさらにその先の道のりも膨大で途方に暮れます。

でも今、事故は起こってしまったけれど、その克服の仕方、立ち直り方を自分たちは学んでいるのだと思います。国難は常にあり続けるし、コントロールできることは限られていますが、常に当事者のように考え学んでいきたい。
ゴールまでの道筋が見えていないにも関わらず「30~40年後の廃炉完了目標を堅持」・・。「タフな決断を先送りにする」「現実と願望を混同する」という太平洋戦争でも指摘された事項が、現代でも変わっていない気がして、暗い気持ちになります。
完全な廃炉に至るまで100-300年かかる見込みだとのこと。放射能廃棄物の扱いもまだまだ先が見えていない。この生々しい状況を理解するのはとても大事だと思う。現場作業員の方の状況を理解するには漫画の「いちえふ」、過去の失敗の振り返りにはHBOの「チェルノブイリ」の動画もおすすめです。

このリアリティを受け入れながら、地球温暖化のために原子力発電の有無を議論しなければならない。どちらも凄まじい茨の道で、人間の叡智を問われる。人類は冷静に合理的楽観主義を持ってこの答えのない問題に立ち向かえるのか。
「エンドステート」、政府と東電は廃炉完了後の具体的な姿を一度も提示していない。
あえて提示しないのか、提示したくてもできないのか。

燃料デブリ取り出しが仮に不可能だとしたら、やはり石棺のほうが現実的なのか。でも地元の理解を得るのも難しいだろうし。

記事を読んで、フィンランドのオンカロの有用性についても知りたいので調べようと思いました。
当初計画と現状の比較、各号機での状況や論点などが整理されていてありがたい。
私も3年前に行きましたが、ALPSを介しての放射性物質トリチウムのみ含んだ処理水を放出することは、世界中の原発で既に行われています。今回はこれをさらに希薄させるので、科学的に先ず問題ないのはロジカルに分かること。この辺りの情報伝達と住民理解が今後大きな障壁になるので、さらなる遅れを加味した上で再計画が必要な気がします。
中立的な立場で、正しい情報を社会に提供しているよい記事だと思います。

ここに書かれているように、世界に前例がない事故の後の廃炉処理なので、現状のプロセスとタイムラインの根拠は、非常に薄いという部分は、そのとおりでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
世界を震撼させた福島第1原発事故から10年がたった。現地では廃炉作業が進むが、実は明確なゴールを誰も知らない。今回の週末特集では、前編で廃炉について知っておくべき事実を、後編では船橋洋一氏が事故の教訓を語る特別インタビューをお届けする。