新着Pick
429Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この度は私の半生を振り返りながら、現職のクラフトビール事業を紹介する素敵な機会をいただき感謝しています。

第一回目はダイジェストで紹介していて、世の中的に見ると上手くいっている部分やコロナ禍での18年連続の増収に目が行きがちですが、実はここにたどり着くまでに本当に長い期間紆余曲折を繰り返して来ました。色んな出来事、そして目の前に飛び込んできた大きな困難を数多く経験したことが今の私や会社の成長に繋がっていると言えます。

シゴテツに登場する多くの優れた経営者と違い、転職を繰り返し、社会に適応できないサラリーマンかつフリーター生活も長かった私が、大分年を重ねてからですが大きな志を持ったリーダーの端くれとなっていった遍歴はきっと多くの方に「井手にできるんだったら私にもできるはずだ!」と勇気をもっていただけるのではないかと思います。笑

これから1週間、そんな恥ずかしい一面も登場しますが、どうか飽きずにお付き合いいただければ嬉しいです。
ヤッホーブルーイングの社長・井手直行さんの連載を本日からスタートします。
---
長年にわたって市場が縮小傾向にあり、コロナ禍においてはアサヒやサントリーといった大手が軒並み売り上げを落とすビール業界で、18期連続で増収している企業がある。長野県の軽井沢町でクラフトビールをつくるヤッホーブルーイングだ。

看板製品である「よなよなエール」を中心に、個性的な味わいと斬新な製品名・パッケージデザインで日本のクラフトビールを牽引する。そこにあるのは「日本のビール市場に新しい文化をつくる」という大志。

創業メンバーとして入社し、どん底を味わいながらも現在の飛躍をもたらした社長の井手直行氏に、その軌跡とクラフトビールへの熱い思いを聞いた。(全7回)

■第1回 よなよな絶好調、縮小ビール市場で18期連続増収
■第2回 自分探しの旅、パチプロを経て気づいたこと
■第3回 星野佳路と一緒に働きたくて入社を決意
■第4回 地ビールブームの終焉と倒産の危機
■第5回 運命を変えた楽天・三木谷浩史さんの手紙
■第6回 仲間を一つにしたチームビルディング
■第7回 よなよなエールでノーベル平和賞をとる
井出さんの書籍である「ぷしゅ よなよなエールがお世話になります」は大好きな本です。ファンを巻き込んだマーケティングやEC/CRM、企業文化の醸成などヤッホーさんにはたくさん学ぶところがあると思っています。

そして何よりヤッホーのビールは美味しい!!お店に行ったら楽しい!!大ファンなので連載すごく楽しみです。
中国でもクラフトビール(精酿啤酒)は若者を中心に流行しています。

北京の大手ビールメーカー「燕京ビール」は安い物だと一本3元(50円)程度。一方、バーで飲むクラフトビールは30~50元(500~850円)程度と高価ですが、中間層の若者には人気なんですよね。

北京で流行り始めたのが2010年ごろだったと記憶していますが、それからあっという間に拡大しました。

当時、日本の大手ビールメーカーの方に、日本でも大手がWheat BeerやIPAなどにチャレンジしたら面白いんじゃないか、という話をしたのですが、「市場が小さいから」とのことでした。

中国でもクラフトビールは小規模な醸造所が中心ですが、実は大手メーカーも頑張って開発に取り組んでいるようです。先日、出張で山東省に行ったのですが、青島ビール直営のバーで自社製造の様々なビールを飲み比べてみました。かなり美味しかったです。

最近では様々なフレーバーのものも出てきており、まだまだ広がりそうな勢いです。
よなよなエールは冷蔵庫に常備してます。普通のビールでは物足りない、でもクラフトビールは高いから。。そんな人にオススメです。なかなか値引き販売していませんが、OKストアだと少し安く買えます。

コロナが落ちついたら、神田や吉祥寺にある直営店にもまた行きたいです!
よなよなエールさんのような、ちょっと単価が高いイエナカ本物消費がコロナ渦のニーズを捉えているのは理解できますが、知らない間に業界6位までになっているとは!

クラフトビールってローカル性が強いイメージがありますが、どのように品質を保ちつつ量産しているのかが気になるところです。
この規模にまで成長しているとは驚き。連載が楽しみです。

>日本のビールの売上高では大手4社とオリオンビールに次ぐ6位にまで成長しています。全国に500社以上あるというクラフトビールメーカーの雄と呼んでくださる方もいる。
抱えている定番ビールは全部飲んだことがあるし味も個性が違ってわかりやすい。一方で棚に並んだ新商品?はどれも見たことがない気がする。
去年ぐらいから地元のコンビニでも買えるようになってから、一気にファンになってしまいました。美味しい。
てんちょ!頑張れ‼︎
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。