新着Pick
391Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中川政七商店の会長で十三代・中川政七さんの連載第4回です。
---
日本の工芸をベースにした生活雑貨や衣類の製造・販売を手掛ける中川政七商店。その商品は、なつかしさとモダンさのバランスが絶妙だ。

工芸業界初のSPAモデルを構築し、「遊 中川」「中川政七商店」などの自社ブランドを確立したのが、十三代・中川政七氏。

1716年、奈良の地で創業して約300年。老舗の革命児は2018年に44歳で社長を創業家以外で初となる千石あや氏に託し、自身は会長職に就いた。

「日本の工芸を元気にする!」というビジョンに向けて、経営コンサルティング事業に取り組んでいる。業界の課題と解決策とは。(全7回)

■第1回 「いい街」とは「いい店」がたくさんある街
■第2回 無条件に買ってしまう「ブランド」とは何なのか
■第3回 「ブランド」をつくる方法を考えた
■第4回 良いビジョンを掲げると、会社の質が変わる
■第5回 工芸品メーカーのコンサルを始めた理由
■第6回 社長交代、千石あやを選んだ「リーダーの3要件」
■第7回 コロナは言い訳。手の届くことを考えるのが経営だ
催事帰り道の社員との会話から社是のヒントを得たのも、中川さんと社員の心理的距離が近く耳障りの良し悪しに関わらず躊躇いなく意見をいえる環境、関係性の産物だと思う。

『日本の工芸を元気にする』
そのビジョンと策定以降の中川政七商店の取り組みがびたりとフィットしており、インタビューを読んでお店に行きたくなった。
導入部のスタッフとの会話がとても腹落ち感があります。価値観共有の重要性はいろいろなところで言われていますが、まさにこういうことだと思います。
とても共感する。ビジョンは言語化、そしてビジョンが浸透している会社は、その企業の個々人の行動のいたるところでビジョンを体現した行動がみられる。体現した行動への遭遇頻度が高くなれば、それがコンテキストとして定着して、ビジョンの具体化や浸透が一層進み、文化となる。
文化となっているから、判断を仰がなくてもできて、個々人の自由度も裁量も上がるから楽しくなる。
よいビジョンとは、経営判断がスムーズになり、優秀な人まで集まり出す。真理ですね。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。