新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「最後は気合」。根性論という話もありますが、人間というのは自分が思っているより大きなポテンシャルを持っており、それが土壇場で開花することがある(必ずではないでしょうが)のではないかと思います。私は大学時代競技スキー部という場違いなところにいましたが1つ学んだのは「転ぶと思ったら転ぶ」ことでした。
無条件で買ってしまうブランドの価値には、自分の生活に取り入れたらワクワクする一種の「憧れ」が潜んでいますよね。まさしく中川政七商店のショップを見かけると、取り扱っている商品はきっと普段の生活にはなさそうな気がして、つい入りたくなる。

それは、ショップの佇まい、ストアデザイン、ビジュアルマーチャンダイジング(商品ディスプレイの手法)や、ショップ名のロゴだったりと、あらゆるディテールから計算され創られるブランディングです。単に素晴らしい工芸品ではなかなか訴求は難しいもの。憧れの要素をライフスタイルに取り入れたいと思わせる素晴らしい工芸品がもっと増えてほしいものです。
中川政七商店の会長で十三代・中川政七さんの連載第2回です。
---
日本の工芸をベースにした生活雑貨や衣類の製造・販売を手掛ける中川政七商店。その商品は、なつかしさとモダンさのバランスが絶妙だ。

工芸業界初のSPAモデルを構築し、「遊 中川」「中川政七商店」などの自社ブランドを確立したのが、十三代・中川政七氏。

1716年、奈良の地で創業して約300年。老舗の革命児は2018年に44歳で社長を創業家以外で初となる千石あや氏に託し、自身は会長職に就いた。

「日本の工芸を元気にする!」というビジョンに向けて、経営コンサルティング事業に取り組んでいる。業界の課題と解決策とは。(全7回)

■第1回 「いい街」とは「いい店」がたくさんある街
■第2回 無条件に買ってしまう「ブランド」とは何なのか
■第3回 ブランドをつくる方法
■第4回 ビジョンを定めたら、経営がラクになった
■第5回 工芸品メーカーのコンサルを始めた理由
■第6回 社長交代、千石あやを選んだ「リーダーの3要件」
■第7回 コロナは言い訳。手の届くことを考えるのが経営だ
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。