新着Pick
562Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
書籍少し前に読ませていただきました。個人事業主のアイデア自体はある程度前からあったと思いますが、それをやりきる実行力がすごいと思いました。電通も一部ですがはじめましたよね。ファーストペンギンとして評価されるべきと感じます。
タニタの社長・谷田千里氏の連載を本日からスタートします。
---
体組成計や活動量計など、健康計測機器の製造・販売や、「タニタ食堂」をはじめとする健康サービスを提供する健康総合企業・タニタ。もともとは体重計や体脂肪計などのメーカーにすぎなかったが、同社の社員食堂のメニューを紹介したレシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂』が大ベストセラーになったのをきっかけに外食産業に進出し、健康総合産業に転換させた。

この転身を率いたのが、第3代社長の谷田千里氏である。「いったんこうと決めたら、誰がなんと言おうと聞かない」という谷田氏だが、実はタニタに入社する気はさらさらなかったという。

大学に進学せず、調理師免許を取得したあと、家庭科の教員免許や栄養士の資格を取るなど、創業家一族に生まれながら敷かれたレールに乗ることをよしとしなかった谷田氏の反骨精神と自由な発想の源を探る。(全7回)

■第1回 社員が個人事業主になれば日本は活性化する
■第2回 敷かれたレールには乗らず、調理師専門学校へ
■第3回 「人間は学歴じゃない」のウソ
■第4回 先輩から教わるには同じタクシーに乗り込め
■第5回 論理を優先、感情を二の次にして人心掌握に失敗
■第6回 世界一有名な社員食堂は、こうして誕生した
■第7回 YouTube「ニポネット・タニタ」に出演する理由
毎日朝と夜に一回ずつにらめっこしているタニタさんの体重計。
子供たちも同じように毎日測ってお風呂の前でその数字を大きな声で発声していますが、子供達は数字が上がること、つまり増えることを楽しんでいる様子。私は全くその逆ですが。

リーダーの考えるアイデアを最後まで実践されやり切ると言うところがすばらしいですね。何事も新しいことをチャレンジするときには、色々な意見が出てくると思いますが、それはそれで受け入れ、しかし軸はぶれずに最後まで貫く精神が参考になります。
またこれは良いと思ったアイデアや取り組みというのは、今は特に組織内や企業内にとじることなく枠を超え、どんどんオープンに共有されておりその動きが加速しています。
いち早くその動きに気づき、こちらも実践されている、学び多い記事でした。
健康というテーマは、万人共通のトピックですから、多くの人が触れ社会全体を底上げできる力があると思います。
150以上の企業や自治体が導入しているという「タニタ健康プログラム」。
その説明動画も見ることができます。
次は「タニタの働き方革命」であり、「日本活性化プログラム」とスケールが大きい。
弊社でご一緒した「タニタサイズ」もむちゃくちゃ売れています。

タニタ社員が毎日やっている「タニタサイズ」とは?
https://mi-mollet.com/articles/-/28386?layout=b
動画
https://youtu.be/I4i3qiKWCnQ
現在は独立しましたが、以前から会社に帰属しつつ個人事業主として従事できないかと考えていました。
働き方の自由度が上がり、税制面でも利点があり、唯一の問題点は安定性でしたので、タニタさんのような制度は素晴らしいと思います。
これから70歳くらいまで働かなくてはならない世の中になっていきますので、こういった就労の自由度を持っていることが企業の価値につながっていくと思います。

他社も追随するといいですね。
従業員と対等に向き合う姿勢から、雇用という"在り方"を問う本気度を感じますね。今までの当たり前の慣習を、様々な取組みで乗り越えようとする経営者たる強い意思を改めて感じました。この想いに応えられる人間は、自分自身の仕事の"ラストマン"としての意思を直に感じることが出来る筈である。健全なプレッシャーと、それに見合う充実感を味わえるのではないかと思う…。正規社員としての守られている環境が、ある側面では、"ぶら下がる"人間を醸成していることも無視できない実態があるのも事実…。雇用形態が変わり、自身のアウトカム全てに最終責任者という意思をもった人間のパフォーマンスがどのように変貌しているのか興味深いですね。
何度かタニタの記事は読んでいますが、
共通して思うことは社員一人一人が人生100年時代において、
自律・自立的に長く幸せに働けることを目指しているように受け止めています。

会社にいるとオフィスから通信から仕事から、、
と全て用意された環境で働き続ける側面もあります。
会社は社員が長く働いてくれる前提でいるので、
結果会社も社員も時に共依存状態、、になる場合も想像できます。

仕事から環境から自分で整え、時間の使い方、
一定のルールに基づく個人業務委託に係る経費を計上し、
ということを続けるとより自由でシビアな中での仕事になります。
得るものも多そう。
※実際個人業務委託の人の方と接すると体感します。

もちろん、会社にいるメリットもありますが、
長くキャリア形成していく上で、
選択肢として持てるのようにしておくことは良いことだと思います。
※副業でも良いですが。

> 沈みかけた船を真っ先に降りるのは、どこに行っても食べていける力を持った優秀な社員らです。

> さらにビジネスに必要な費用を経費として計上できるので、税務上もメリットが多く、手取り収入が増えるケースがほとんど。

> 社員の平均体重が3.6キロマイナスになり、平均体脂肪率も1.7ポイント下がったのです。しかも医療費がこれまでと比べ自社比1割近く減少していました。
タニタは非常に面白い会社ですね。なかなか出来ないことに果敢に挑戦しています。三代目の現社長が船井総研で経験を積んでおられるのも興味深いですし、創業家が勇気ある経営者一族なのだろうと想像します。

「いったん社員にタニタを退職してもらい、個人事業主として、会社の仕事を請け負ってもらうようにしてはどうだろうか。希望すれば外の仕事を受けるのも自由。幅広い仕事を経験することで、ハイスピードでの成長が期待できると思う」
専門性が高い仕事では(書かれている美容師もそうですが)、イメージしやすいことですが、従来の”会社”の仕組みで動いている場で、実践されていることが素晴らしいと思います。また、選択肢を提示して、挑戦され、拡大していっているところも。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。