新着Pick
821Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3位の大学教員と8位の数学者って、ほとんどの数学者は大学教員に含まれると思うけど(ポスドクは除く)、大学教員以外で数学者である人の割合。
統計学が注目され始めて久しいと思っていたので興味本位で読む程度にしてたんですが、未だに望みが高いのならば勉強する価値ありでしょうか、、、
それともこのまま博士まで進んで大学教員の道もいいかもしれません。何よりあらゆる勉強が楽しいと思えるならば天職なんじゃないかとも思えてくるんですが、、、

何はともあれ、今の自分で地に足つけて頑張ることが何よりも大事ですよね。方向性を散々間違えてきた私はこう言う記事にすぐ影響される癖があるので、ちゃんと自分の立ち位置を見失わないようにしないといつか痛い目を見る気がします。
アメリカの最高の仕事ランキング

1位はデータサイエンティスト
2位は統計専門家

日本のコロナ禍においても多くの国民が「数字で判断して欲しい」とデータを使った意思決定に意識が向いてきていると思うので、データを活用した仕事のニーズは高まってくるはず。

データサイエンティストや統計専門家はまだ一部の業界にしかいないイメージではあるが、今後はあらゆる業界で必要とされる職種だと思う。
あら
ミスリードに注意。

デジタルデータに寄ってるけど、分析だけなら数年以内にAIに代替されるため、大事なのはデータを元に自分で考えて施策を提案する能力(例: V RESUSを見て、最優先事項たる医療キャパ拡充に最も効果的で有意な施策を提案)だと思います