新着Pick
392Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まあワクチンで発症が抑えられるなら安い話ですわ
人気 Picker
全ては科学に基づいて判断されるべきであり、ファイザーCEOの発言でスケジュールが決まるわけではありません。

現在、1年後の追加接種の必要性に関する臨床試験が進行中です。その試験で有効性、安全性を検証し、第三者の評価を経てから判断が下されるべきです。

これは、これまで実用化されているワクチンが経たステップであり、追加接種についてもそうあるべきです。最終的にCEOの発言通りの結果となったとしても、この発言を受けて何かが変わるというわけではありません。

本記事を深読みするのは、デマのもとだと思います。
ファイザー社製新型コロナワクチンを2回接種した後の免疫は、麻疹(はしか)や風疹(三日ばしか)のように終生続くタイプものではなく、インフルエンザワクチンと同様、毎年の接種が必要になるタイプではないか? との目算を述べたものでしょう。

同ワクチンの大規模での臨床試験(臨床第2/3相)の開始は、2020年7月下旬ですので、極初期の接種者のデータ(抗体の維持)は、現在で最長8カ月間程度は蓄積されていると思います。また、2021年2月下旬には、3回接種の臨床試験も開始されています。

これらが集計され、科学的な分析を加えて、1年以上の抗体維持が検討されるものと思われます。さらに追加の臨床試験を行った上で、「用法・容量」が更新される流れになると思われます。

「毎年接種」については、当ワクチンの市場性に関して与える影響が大きいため、経済ニュース(Bloomberg)の関心事ではあります。
一年「以内」に3回と言っている、インフルのように一年「毎」とは全然違う。そもそも2回なのすら1回で済むようにして頂きたいしそうなると科学の力を信じたい。1本目を打ち終えた身としてはあれを毎年3回はさすがに勘弁というのが正直な感想です。
変異株に対応したブースターを3回目に打つのか、抗体反応が薄れてくるので同じものを1年内にもう1度打つ必要があるのかこのニュースでは何も分からない。ただ、インフルのように毎年打つ事になれば、ファイザーと同じmRNAワクチン作ってるモデルナ株主として恩恵ありそう
「可能性が大きい」という曖昧な表現は、株価のつりあげを狙っているのではないでしょうか?

まだ、接種後の効果もはっきりわからないのに…。
これは重要ですね。そしてファイザーもうかりますね。。。
ファイザーのアルバート・ブーラCEOが新型コロナウイルスワクチンの接種が完了してから12カ月以内に、効果を高めるための追加接種が必要になる「可能性が大きい」と述べたとのこと。また、毎年の摂取が必要とも述べている。
インフルエンザだけでなく、コロナでも、毎年接種になるかも。でも、2種類以外も、増えた方が製薬会社は安定収入になりますよね。
接種回数が増えれば、製薬会社が儲かるわけですが
まさかそんなことを考えてワクチン開発・販売が行われていない
ことを、祈ります。

業績