新着Pick
473Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
いらっしゃいませがこんにちはに変わったところで再訪問にはさほど影響は無いと思います。従業員が多すぎて、変革をしなければいけない時はインナーマーケティングはとても重要。その一環として毎日やっている事から行動を変えると言うのは本当に大きく変える時のアレルギー出ないのでとても有用。これからこれではない何かを変えて行くだろうからそれに慣れるという一つの狙いがあるのではないかな。
人気 Picker
要は気持ちなんですよね。
お客さんに対して、喜んでもらいたいっていう気持ち。
それが根っこにあれば、かける言葉は何でもいい。
大学時代はほぼ4年間、喫茶店のプロントでバイトしてましたが、そこでもいらっしゃいませは禁止で、こんにちは、かこんばんは、でした。理由も記事にあるようにコミュニケーションが生まれるように、というものだったと思います
そちらが先進的だったと言いたいわけではなく、スタッフのことを「キャスト=舞台で演じる役者」と呼んでたことからもわかるように、要はディズニーからパクっただけと思われます
ディズニーでも以前より、いらっしゃいませは禁句で、コミュニケーションが生まれるこんにちは等を使っているようです
会話が生まれる挨拶。
いいですね。

カウンターで孤食が多い牛丼店。
コミュニケーションが乏しくなりがちな状況と客層。
そんな中でのこうした行動。素敵です。
あらゆるお店がそうなってほしい。人間同士の挨拶からやりとりが始まるべき。「客だぞ!」という態度の人も減るだろう。
接客マニュアルでは5大接客用語なるものがあります。
ありがとうございます
お待たせしました
いらっしゃいませ
かしこまりました
おそれいります

ところが、コメダ珈琲やスターバックスは接客をマニュアル化していません。
お客様へのサービスについてはそれぞれの店舗に権限が与えられているからです。

コーヒー業界の成長は接客にあるのかもしれません。
現場力に差は出る部分ではありますが、機械化できる部分は徹底的に進めつつ、最後に残る人の部分は人でなければいけない価値は何か?として対話力に落とし込むケースも多いです。
今では多くの店が「いらっしゃいませ」の後に「こんにちは」や「こんばんは」をつけているが、このルーツは、1993年に渋谷スペイン坂上の某大型レストランで導入されたものと言われる。その店はつぶれてしまったが、当時そこで働いていた店長はじめ多くのスタッフが、バラバラに他の飲食店チェーンへと移行していき、徐々に広まっていった。1993年以前にやっていたという店をご存じの方いましたら教えてください。
スタバでも「いらっしゃいませ」とは言わずに「こんにちは」と挨拶をしています。

理由はスタバを「お店」ではなく、家や職場に変わる「第三の居場所」として提供するためで、お客様とスタッフという関係性ではない場所を提供したいからのようです。

なので単純に挨拶を変えてただけではあまり意味がなく、それによってどうゆうコミュニケーションだったりどうゆう空間を提供したいのかをちゃんとスタッフが認識して実践する事が大切だと思います。
b-monsterもいらっしゃいませ、ではなく
おはようございます、や、こんにちは という言葉にしています。
弊社の場合は明確にお店の人とお客様というよりは
もう少しフランクな印象を持っていただきたいところからの発想です。
「こんにちは」と言われたら、こちらも「こんにちは」と返さないといけない感じがする。

業績