新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
正確に言えば。
プログラムの修正は前回リコールで実施済み。

しかし、前回リコール時に既にイグニッションコイルが劣化していた場合は、その後の劣化が進んで機能停止してしまうケースが出てきた。

なので、今回イグニッションコイルを新品交換するとの事。

https://www.subaru.co.jp/press/recall/2021_04_15_9711/
人気 Picker
過去の設計、調達、製造品質のレガシィとして、保有車両の品質問題が落ち着かないことは事実である。数年前からの品質改善への取組の努力が奏効しており、調達、製造品質ともに大幅に問題発生は減少している。あとは、新設計モデルに移行するタイミングでSUBARUの品質問題は包括的に正常化に向かうはずである。
ただ、今回のケースは態々一度リコールしながらも、その措置不十分として再リコールを書けるという不手際!
お安く手間のかからないプログラム改修でお茶を濁す市場措置が増えています。

https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001399967.pdf
が、このように結局、パーツ交換になる。メーカーも行政も安易なプログラム改修に走らないようにすべきです。国交省にも話しておきます。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア
株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の自動車などを製造する重工業の会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.60 兆円

業績